マナコにかんする10のこと

タダの生活雑記です。

おすすめ本・音楽・映画

虹の女神(上野樹里×市原隼人)

たまらなく繊細で、記憶が薄れた頃にもう1度見たくなる映画がある。 ※なんかシンプル 岩井俊二を好きだったのはもうすでに過去のことで、「スワロウテイルバタフライ」「リリィシュシュのすべて」「花とアリス」といった一連の作品を見てきました。そんな中…

むぎわらしんたろう『ドラえもん物語』

思うところがあって最近娘にマンガを沢山与えているのだが、ドラえもんは安心して読ませられるマンガの中のひとつだ。そんなドラえもんつながりで購入した『ドラえもん物語』。期待していなかったのだが、とても良かった。 大抵「あの人は(作品は)実は……」と…

『ママ友がこわい』を読めばママ友がこわくなくなる

ママ友との陰鬱とした関係がリアルに描かれている『ママ友がこわい』 ママ友という何を考えて・どこに地雷があるのか分からない、そんな得体の知れない相手に悩んだ人こそ読んで欲しいと思えるマンガである。 最初は仲が良かったサキとリエ 主人公であるサキ…

田村由美のマンガが好きすぎるので、全力でおすすめします。

田村由美さんの7SEEDSを久しぶりに読み返しまして、田村由美熱ともいえる病がぶり返しました。 このブログでも、何度か田村さんの作品をちょこっとおすすめしているのですが、『ちょこっと』の紹介では熱が治まりきらなくなってきたので、今回は大胆に惜しみ…

話し方が分かりやすい人の頭の中。コツをつかめば誰でも話上手になれる

話し方が下手な人には、ある共通点があります。 それは、『相手に軸を置いていない』ということ。 話が上手な人はココをきちんと押さえています。 話が長すぎたり、難しい言葉を使ったり、自分の話したいことだけを話していませんか? 相手が聞きたいことを…

育児ストレスとさよなら出来る!「タイプ別子どものコーチング もう怒らない子育て」

若松亜紀さん著の『もう怒らない子育て』 この本は、かつて幼稚園教諭として働き、親子のためのサロンを開いた経験から学んだ若松さんのノウハウがこれでもかと詰め込まれています。 本来なら悩んでしまいそうな「兄弟で全然性格が違う!」というシーンでも…

『ノマド的節約術の本』を読んで固定費の削減をサクッと実施。その結果毎月5000円を浮かせられることが判明

『ノマド的節約術の本その4 節約のために、お金のことを考えよう』を読みました。 日常生活での節約の方法や、節約に対する心構えが分かりやすく書かれていて読みやすかったです。 色々と書かれていた中でも『固定費の削減』はとってもタメになりました。 固…

『子育ては心理学でラクになる』を読めば育児を成功させるために必要な力3つが分かる

「子供の育て方って難しい……」 子供をつい叱りすぎちゃったり、良い方向に成長させてあげたいのに上手くいかなかったり。 自分以外の人間を責任をもって育てていくって生半可なことじゃありません。 子供と向き合い、自分と向き合い反省の日々をおくることも…

アクセス数を増やしたいブロガーなら必読の一冊『プロ・ブロガーの必ず結果が出るアクセスアップテクニック100』

ブログをやっている人間ならば、より多くの人に読まれたいという願望は少なからず持っている。 中には日記的な使い方をしていて、ブログは自分のために書いているのでアクセス数は気にしないという人もいるかもしれない。そんな人には、正直言ってこの本はあ…

Kindle5周年セールを実施してたので、気になる育児本をピックアップしてみた【50%以上オフ】

Kindleが5周年記念セールを実施中です。 2万冊以上が50%オフという、かなり大規模なセールとなっています。 ピックアップしたい本がいっぱいあるんですけど、あれもこれもとやっていると分かりにくいんで、今回は気になった育児本をいくつかピックアップし…

今までの人生の中でこれ最高に面白いなって感じた少女漫画ベスト15

物心ついた頃から少女漫画大好きです。 少女漫画が好きな理由は一言じゃ言えません。だって、たまらない魅力があるから。絵柄がハマったり胸キュンしたり良い気分になったり、そこには色んな感情がある。

ポジティブ・チェンジの感想。【変われない人は変わりたくない】

人の心を知り尽くしているメンタリストDaiGo。 そんなDaiGoが書いた一冊『ポジティブ・チェンジ』 以前から私はDaiGoの人生の最終目標が「知識の最大化」だという話を聞いてから、勝手に共感して興味を持っていたわけです。

女性アーティストが歌った!子供への曲が感動的

子供が産まれただとか、そうじゃなくても誰かの子供に歌ってあげたいだとか女性アーティストがそういう目的で作った曲があります。 そういう曲って普段とはまた一味違って母性に満ちていて、聞いていてちょっとジーンとしちゃうものが多いんですよね。 静か…

出てくる食べ物がすごく美味しそうな小説

どうも、ままこそです。 よく、ではありませんが時々無性に小説が読みたくなります。 ディープな読書家という訳ではないので、そんな時チョイスするのが今話題になっている小説もしくは美味しそうな食べ物が出てくる小説になります。

疲れた時は椎名林檎を聞いてエモさに浸る

はぁ~訳もなく疲れる。 皆さんはそんな時ありますか? 私はまれーにあるんですよねぇ。何だか充電切れのような。スマホの「あと残り3%です」みたいな感じが。