ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

キラキラネームは医療現場も混乱させる。

f:id:mamakoso:20170620131318j:plain

キラキラネーム=DQNネームですね。

 

一時期このキラキラネームが増えていましたが、最近はあまりにも突飛すぎる名前は減少傾向にあるようです。反対に古風な名前を付ける親が増えてきています。

 

といっても「うん?これなんて読む?」と首を傾げたくなるような名前があるのも事実。今回は、このキラキラネームの恐ろしい弊害についてです。

 親がキラキラネームをつける理由

そもそも「何でこんな名前つけるんだろう?」と不思議じゃありませんか?

 

キラキラネームをつけるたった1つの理由。それは他の子との差別化です。「特別な名前を持つ特別な子」という意識が親の中で働いています。名前には親の期待や夢・愛情が込められていますが、それの行き過ぎた結果というわけですね。

 

また、響き優先で漢字を後付けにしたからというケースも多いです。

キラキラネームにはこんな弊害が

親の自己満足からつけられるキラキラネームですが、デメリットがとても多いんです。「プロフェッショナル」にも出演した小児集中治療医・ 上田育也さんがこうツイートしたことがありました。

 

状況が想像出来ますね。

 

このように救急を要する場面でキラキラネームは大きなリスクになり得ます。

それだけではなく、少しのミスも許されない医療現場の混乱を招く要因になってしまうことも。

 

しかし、実際にキラキラネームが原因で治療が遅れたことはない。と植田さんは強調しています。医療現場で患者に不利益が生じないようにとの思いからのツイートです。

実際にミスはなくてもリスクを減らすため・子供の命を守ることを考えたらキラキラネームは避ける方が無難ですね。

受験でも不利・就職でも不利

f:id:mamakoso:20170620081142j:plain

アメリカでは就職でもキラキラネームは不利だということが判明しています。

 

就職採用担当は年配の人が多い傾向があるので、あまりにも変わった名前ですと印象がマイナスになります。また、このような名前をつける親は常識がない=常識のない親に育てられたと考えられてしまいます。

ずば抜けた能力を持っているのならまだしも、多くの就活生の中からあえてキラキラネームを選ぶ理由はどこにもありません。

 

また就職よりもっと前、小学校受験をする時も不利だと言われています。名門校では、ほとんど突飛な名前は見られません。

キラキラネームにした理由を聞かれて上手く答えられる人がどれくらい居るでしょうか?

 

一見、変わった名前でもきちんとした理由がある場合は問題ないようです。大切なのは納得出来るような説明を親がきちんと出来るかどうかです。

でもこんなケースも

いくらキラキラネームを避けた方が良いと言っても夫婦のどちらかが「わたし光宙(ピカチュー)が良い!!」なんて言いだしたら、それはもう夫もしくは妻・周囲がねばり強く説得しなければいけない事態になってしまいます。

 

一方はピカチューが良い!一方は普通の名前で……なんて場合です。

 

このようなケースではキラキラネームをつけたがっている方の決意は固いです。この名前がベストだと信じて疑いません。

 

私の友人でも居ました。もうすぐ出産間近だったので「名前はもう決めた?」と聞いたら「う、うん……」といった様子でその話題になると斜め下を見る彼女。「旦那が決めてるみたい……」と浮かない返事です。

いざ産まれてもう一度名前を聞いたら、あの時の彼女の様子が腑に落ちました。見事なキラキラネーム。後に「私は別の名前が良かったんだけど」とこっそりと教えてくれくれました。

 

子供の名づけは難しいもので、とんでもない名前だとしても相手を説得出来なければ譲るしかないんですもんね。本当は子供の将来を考えて付けるのが一番ですけど、何せ舞い上がっちゃってますから。

最後に

名前は子供に一生ついて回るものです。それだけではなく親から最初のプレゼントとも言えます。自分の満足感を満たすことより、子供の事を考えて付ける名前が何より素敵な名前だと思う今日この頃。 

 

おしまい!

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○『女児、大声で叱られPTSDに』を読んで思ったこと