ママ、子育て始めるってよ。

ブロガーままこそが子育てネタを中心に好きなことを発信するブログメディア

5歳まで子供が何度も読んでいた絵本12選

f:id:mamakoso:20170620132222j:plain

娘は現在6歳。

小学校入学を機に徐々に絵本離れしていますが、つい最近までは絵本も沢山読んでいました。新しく買ったものから、0歳の時に買いそろえたものまで何回も何回も繰り返し見ていました。

そんな娘が読んでいた絵本の中から、特に手に取る回数が多かったものを12冊選んでみました。誰もが良く知っているものから、ちょっとマイナーかなと思うものまでをご紹介します。

 おすすめ絵本12選

① あなたをずっとずっとあいしてる

これは保育園の読み聞かせの時間に聞いてから、えらく気にいったみたいです。あんまりにも「ママも読んで!」と勧めてくるので家でも買いました。 初めてこの話を聞いた時、娘は泣きそうになったと言ってました。タイトルからして胸にくるものがありますね。

 ② かお かお どんなかお

 バーンと色んな顔がインパクトあります。0歳の子にも分かりやすい絵本です。色んな表情を見るのが面白いみたい。

③ あけてごらん

市からファーストブックとしてもらいました。「トントントン」とドアをノックする響きが子供を引き付けます。仕掛け絵本になっていて、次から次へと動物などが登場します。 

④ いつでも会える 

 

これは大人も必ず泣いてしまいます。娘が4歳くらいに買い与えたのですが、4歳の子でも意味が分かるようで目を真っ赤にしていました。でも、悲しいだけの絵本では決してありません。読み終わっても何度も思い返したくなる絵本です。

⑤おばけのてんぷら

食べるのが大好きな娘の心を掴みました。寝る前には必ず読んでほしいとせがんでいたことも。お弁当やら天ぷらやら美味しく不思議なお話です。

⑥ パンツのはきかた

オムツからパンツへの移行期にお世話になりました。可愛いこぶたがユーモラスにパンツの履き方を教えてくれます。 

⑦ だるまさんが

子供がページをめくる度に大ウケ。「だ・る・ま・さ・ん・が~」の時にワクワクしているのが伝わってきました。 

⑧ アンパンマンとナガネギマン 

 子供の絶対的なヒーロー・アンパンマンです。アンパンマンシリーズは沢山ありますが、娘はなぜかナガネギマンが大好きでした。そんなナガネギマンが大活躍します。

⑨ うどんのうーやん

 うーやんの活躍ぶりに娘は衝撃を受けてました。関西弁で書かれた絵本なので新鮮です。

⑩ だめだめママだめ!

ダメなママを子供が注意ばかりしているというお話。現実と逆転している内容が面白かったようです。最後にジーンとする展開が待ってます。 

⑪  きょうの おやつは かがみのえほん

 こちらも仕掛け絵本です。絵本のページが所々、鏡のようになっています。この鏡を上手く使うことでホットケーキ作りを体験出来ます。絵本を持って傾けたり、工夫しながら楽しんでいましたよ。

⑫  ふしぎなにじ

「きょうのおやつは」と同じくかがみの絵本です。角度を調節することで虹が立体的に見えます。不思議な虹の世界に夢中になっていました。

 いかがでしたか?

絵本は情緒を豊かにし、様々な体験を本を通じてさせてくれます。それだけではなく、絵本を親子で読む時間は欠かせないコミュニケーションのひとつです。紹介した中で興味深い絵本があれば是非、手に取って親子で楽しんでみてください。