ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

赤ちゃんに蚊取り線香は心配……そんな時は蚊帳が便利だよ。

f:id:mamakoso:20170620090304j:plain

夏になると蚊取り線香の出番です。

寝ている時に「プーン」と耳障りな音で近づいてくる蚊を退治してくれる心強いアイテム。

ですが、乳幼児やアレルギーを持っている人は、あまり蚊取り線香を使わない方が良いかもしれません。

ことの始まりは娘の湿疹

ことの始まりは娘の湿疹でした。

娘は汗疱&アトピー持ちなのでしょっちゅう湿疹が出来ていたんですが、蚊取り線香をつけて寝た翌朝は特にこの湿疹が酷くなっている気がしたんです。しかも湿疹の出方が一部だけではなく全体的に出ていました。

 

試しに蚊取り線香をつけない日を数日続けてみることに。

 

その間は深夜に蚊の音が聞こえた時は、電気をつけて退治するという何とも面倒な日々。目をこらして蚊を探している時なんて、何やってんだ感が凄かったです。(幸いなことに娘はぐっすり)

蚊取り線香なしの暮らしを数日続けてみたところ、娘の湿疹は軽快しました。

 

その時は食べ物除去はやっていなかったので、明らかに蚊取り線香が何らかの影響を及ぼしている事を確信しました。

蚊取り線香でアレルギー

蚊取り線香の最強のメリットは蚊退治ですが、乳幼児・アレルギーを持って居る人は特に注意が必要です。

虫を退治する殺虫成分が空気中に広がっていきますから、敏感な人に何らかの影響を与えてしまう可能性は大。(全くの健康体の人は心配不要です)

 

蚊取り線香の成分ですが、一般的にはピレスロイドが使われています。このピレスロイドは優れた殺虫成分を発揮してくれると同時に、アレルギーを発症させてしまう可能性が指摘されています。

 

【蚊取り線香で起こりうるアレルギー症状】

●咳

●喉の痛み

●湿疹

●頭痛

これらの症状が出た際には、一度蚊取り線香の使用を止めた方が良いでしょう。

 

また、アース渦巻香の使用上の注意を見ると【アレルギー体質の人は使用に注意してください。】【万一身体に異常が起きた場合は、直ちに本品がピレスロイド系の殺虫剤であることを医師に告げて、診療を受けてください。】と明記されています。

子供の居る家は蚊帳が便利だよ

蚊取り線香を使えないとなると、どうしたら良いか悩みますよね。

まさか毎晩パチパチするわけにはいかないし。

子供は蚊に刺されると大人の倍、酷く腫れてしまいます。更に掻く時も思い切り掻いてしまいますから、刺されないためにも完璧な蚊対策が必要。

 

そんな時にオススメしたいのが【蚊帳】です。

 

蚊帳というと昭和なイメージがありますが、現代では更に進化し使いやすくなっています。蚊だけじゃなくムカデを防げるものもありますので、寝ている間の子供の安全はばっちり守れます。安心して眠れるのでママもぐっすりですね。

おすすめ蚊帳3選

 kerätä ベビー蚊帳 ガーランド付き

赤ちゃん&子供用です。ワンタッチで設置出来る上、片づけるのも一人で可能です。蚊だけではなくムカデもシャットアウトしてくれます。入口が2か所なのが嬉しいところ。ガーランド付きなので子供はキャンプ気分で大喜びです。 

底生地付き蚊帳(ワイドサイズ)

ワイドサイズなので子供と添い寝OKです。シングル布団を2つ敷いても窮屈さは感じません。大きくても設置や片付けは手間取らないように考えられています。こちらも蚊だけではなくムカデ対策も可能。

吊り下げタイプ

こちらはかなりゴージャス。女の子がもの凄く喜びそうですね。赤ちゃんにも安全なモスキートネットを採用しています。

まとめ

何気なく使っていた蚊取り線香。

でも思わぬデメリットが潜んでいることも。

咳や湿疹といった謎の体調不良が続く場合は、1度蚊帳に変えてみてください。それで体調が良くなればこんなに良いことはありません。

赤ちゃん・子供のためにも蚊帳の良さを再発見してみてくださいね。

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○抱っこカバンは高い?中身はどうする?使い心地や口コミまとめ【ぎゅっとね ポルバン ダッコリーノ】

○赤ちゃん用保湿剤の購入レポ【ピジョンベビークリアローション・アウラベビープラスモイストクリーム】

○すんなり眠れる!子供が喜ぶ抱き枕4選【ひんやりver.】