ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

専業主婦ママに告ぐ、子育て終えたら働いてください。

f:id:mamakoso:20170622210529j:plain

専業主婦の皆さんへ

専業主婦である理由は様々です。

 

子育て中だから・介護中だから・体が弱くて働けないから。

 

わたしはそれらの理由の中でも、「子育て中だから専業主婦」というママには子供の手が離れたら是非、働いて欲しいと思っています。

実際、わたしの母は私が産まれた時から現在に至るまで専業主婦です。

 

でも、その状態って子供から言わせると「正直重い」んです。

自分の世界を持つ重要性

専業主婦ママでもワーママでも一人の女性として、「自分の世界を持つ」ということは大切なことです。

 

子供が小さければ子供中心の世界となるのは当たり前の話。

 

でも、そんな子供中心の世界をずっと生きていると子供が大きくなった時も、その世界観を引きずってしまうのが恐いところ。

ずっと身近で母の事をみていてそんな風に感じました。

 

専業主婦として子供に手をかけてきたママは、それはそれは愛情深く世話好きです。

でも、子供が成長して自分の手を離れてしまうことが許せないのではないか?と感じることが多々あります。

いつまでも、子供の言動を制限しコントロールしようとしてしまうのです。それも無意識に(夫婦仲が良くないほどこういった状態が見られます)

 

例えばこんな傾向が。

●進路に関しても自由に選ばせません。自分の近くを離れないように誘導します。

●20代になっているのに異性の付き合いに口を出してきます。

●結婚しても多干渉気味です。

こんな事されたのでは、子供はたまったもんじゃありませんよね。

 

一見、子供を心配しての行動に見えますが、実際には全くの逆です。

子供をコントロール管理下に置きたいのです。

子供を信用せず、自分のための言動だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

母から離れる子供の罪悪感

「じゃあ母親から離れて自分の好きにしたら良いじゃないか」と思いますよね?

でも、(表向きは)子供のために今まで生きてきた母親から離れるのは、もの凄い罪悪感を感じてしまうんです。

今まで育ててもらったから恩返しをしないと、わたしが離れたら母は寂しいのでは、といった感情が生まれてしまいます。

このように子供が成長したら、子離れをして自分の世界を持っていないと子供に要らぬに罪悪感を与えてしまいますよ。

働くことならどこでも何時でも出来る

f:id:mamakoso:20170626094429j:plain

わたしは、自分が結婚したのを機に母に働くことを何度か進めてみました。

でも返事はいつも同じ。「今更、働けないわよ。どこも雇ってくれないだろうし」

 

これは本当にそうでしょうか?

働くことなら現代であれば、どこだって何時だって出来るはずです。

 

わたしのようなフリーランスとして働くことも可能ですし、何件か面接すればパートとして採用してくれる場所だって見つかるはずです。

 

働き方は自分で選ぶ時代。どこからでもスタート可能。

唯一必要な事は、一歩を踏み出す勇気です。

情熱を生かす場所

子供を永遠に自分の情熱を生かす場所にしないでください。

子供は成長します。いつか手を離す瞬間がやってくるのです。

趣味でも良い、働くことでも良い。

子供以外に自分の情熱を注げるものを見つけてください。わたしは「こういう事をやっています。」とアピール出来る人生に。

最後に

わたしも主人が亡くなってシングルマザーにならなければ、ずっと専業主婦でいたかも知れません。

 

でも、フリーランスとして働いてみて自分でお金を稼ぐ面白さや、働く楽しさを実感しています。子育てとは違った楽しさです。

 

子供が大きくなった時に、手を離す自信もつきました。

子供のためにも自分のためにも10年後、自分がどうなりたいか描くことが大切です。

何歳になってもワクワクするような毎日が過ごせたら最高じゃないでしょうか。

 

おしまい!

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○子育て中だからこそフリーランスが最高な3つの理由