ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

ブログ始めて1カ月未満でアドセンスに合格しました。

f:id:mamakoso:20170628093109g:plain

2日前、アドセンス審査に合格しました。

 

まさかの1発合格です。

 

5回ぐらい落ちるのを覚悟していましたが……。巷ではアドセンス審査は厳しくなったと囁かれています。

 

しかし、わたしのような始めて1カ月未満のサイトでも通過したのですから、きちんとサイトを作っていけばいずれ合格出来るのでは、という印象を持ちました。

 

今回は、アドセンスに申し込むに当たって気をつけたポイントや噂の真偽についてお話したいと思います。

ブログ記事数は18

審査に通過した際のブログ記事数は18でした。

開設してからほぼ毎日更新してきた形です。

 

アドセンスに合格するためには、記事数は豊富な方が良いとの情報はよく目にしていましたが、記事数が18でも審査に通過可能だということが分かりました。

 

ですから記事数に関しては10記事以上あれば十分だと思います。中には5記事で合格したというサイト情報もありましたね。

1記事当たりの文字数は1500文字前後

1000文字以上は必ず書くべきです。

情報を詰め込もうと思えば、これぐらいの文字数には到達するはずですし、逆に1000文字以上書けなければ圧倒的にサイト内の情報が不足しているという指標になります。

最初の頃は文字数を多く書こうと思うとしんどいかもしれないですが、慣れていけばスピードが上がり、量も質も向上していきます。

そうすれば簡単に1000文字以上は書けるようになりますよ。

まぁ、1000文字と言わずに2000文字くらいが理想なんでしょうけど。

プライバシポリシーの設置

アドセンス審査に申し込んだ時はAmazonアソシエイト・楽天アフィリエイト・アナリティクスを使用していたので、それぞれに関するプライバシーポリシーを作成しました(楽天アフィリエイトは作成せず)

ここら辺に関してはアドセンスは厳しいので、必ず設置しましょう。

沢山のサイトでプライバシーポリシーの雛形が書かれているのでコピペするのも良し・自分で考えてみるのも良しです。

わたしの場合は雛形を多少変えたものにしました。

問い合わせ先の明記

これはプロフィールのところに問い合わせ用のアドレスを付け加えました。

メルアドを記載したくない場合は、Tayori - 無料のカスタマーサポートツールで問い合わせフォームが簡単に作成できますよ。

巷で囁かれているアドセンスの審査に関する真偽

f:id:mamakoso:20170628102600j:plain

巷では、審査に合格するために「あれはやらないほうが良い」と言った様々な情報が流れていますが「やらないほうが良い」と言われていることを、かなりやった状態で合格しました。

次からはアドセンス審査に関する情報の真偽についてまとめていきます。

画像は使わない方が良い? 

1記事に平均1~2枚は無料画像or自分で撮影した画像を貼っていました。

ですから、画像を使っていても何の問題もないということです。

どうして画像は使わない方が良いという情報になってのでしょうね?

文字だけのブログは読みにくいので、そちらのほうがマイナスなように思えますが……。

他者の広告は貼らない方が良い?

これも貼りまくってました。

ただし、むやみに貼っているわけではなく記事中の流れで必然を感じる場所に貼っていたわけですけども、これがもし何の流れもなく貼られたものならばNGかもしれませんね。

PVは多くなければいけない?

めちゃくちゃ少ない状態での申請でした。それはもう悲しくなるくらいに。

ここ数日でやっと1日10PV達成するくらいですよ。

よほど上手くやらない限り最初の3ヶ月はPVは伸びないんじゃないでしょうか。

合格はしたけれど実はこんなところで躓いてました

晴れて審査に通過したわけですけども、実は初期の初期で躓いていました。

 

それが初心者にありがちな「審査用タグが貼れない問題」

 

審査用タグを<head>直後にペーストするというアレです。

わたしが使っているはてなブログproでは設定の【headに要素を追加】欄にタグを貼れば良いのですが、貼った後もきちんと貼れているか分からない状態に。

ソースを確認しても、タグが貼られていない模様。

「これじゃあ不合格どころか審査さえ行われない!」と変に焦りまして、知恵袋に「教えて下さいまし……」と投稿。しかし、答えてくれる猛者はおらず。

 

そこで頼ったのがAdSense ヘルプフォーラム

 

「タグが貼られているか分かりません」という初心者丸出し質問に、即効で「貼られていますよ」とわざわざソース付きで答えてくれる親切な方が。

あれやこれや焦っていたわたしにはもう神様のようです。

そうこうして無事に審査も行われ、合格したという運びです。

まとめ

アドセンスはある程度作りこまれたサイトであれば審査に通過するはずです。

また、「審査の結果がなかなか来ない」「タグの貼り方が分からない」等といった質問でも解決出来る場所があります。

サイト収益を考える上で、アドセンスは外せないものですから何度もトライあるのみです。 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○記事数が30を突破したのでアクセス数を公開してみる。