ママ、子育て始めるってよ。

ブロガーままこそが子育てネタを中心に好きなことを発信するブログメディア

育児がしんどい……それ当たり前じゃないからね。

f:id:mamakoso:20170703142748j:plain

皆さん、育児してみてどうですか?

楽しくて仕方がない?毎日バタバタ?それともしんどくてしんどくて?

育児がしんどいと常に感じている人は要注意です。育児はしんどいのが当たり前だと、どこか受け入れている自分が居ませんか。

それ当たり前じゃないからね。

いつ大きくなってくれるのだろうと考えてた日々

かくいう私も、娘が6歳になった今でも未だに育児って「しんどいなぁ。」と感じることがあります。どれだけ叱っても諭しても言う事を聞いてくれなかったり。病気ばかりもらってきたり。でも、その「しんどい」という思いは1日中、毎日続くわけではありません。叱った1時間後には子供と遊んだり、病気が治ればホッとしたり。その時だけ「しんどい」だけです。

でも娘が0~2歳ごろまでは、毎日毎日しんどいの連続でした。まず、出産後のわたしをこんな思いが襲ってきました。

「こんなに小さな赤ちゃんを育てられるだろうか。」

2636gで生まれた娘は低体重ではありませんでしたが、わたしにはそれはそれは小さく見えました。もし何かの間違いで落としてしまったら……という風に小さなこと1つで不安になっていました。眠っていてもどこに寝ているのか分からないくらい小さな赤ちゃん。「どこに寝ているか一目で分かるくらい、早く大きくなってくれないかなぁ。」そんな風に思いました。

しかも、全く寝ない子だったので夜中は頻繁に起きなければいけません。いつ夜で朝が来たのか1日の感覚がズレて感じました。

歩き始めるようになると、今度はいたずら三昧。夜は寝ない・昼はいたずら。わたしのイライラもこの時がピークでした。当時一緒に住んでいた旦那もそれほど育児を手伝う人ではなく、全くの一人で育児をしている感覚でした。

それなら保育園に入れてしまえば良かったのですが、「3歳までは自分で育てる!」と、変な意地を張っていました。

「早く大きくなって」あの時のわたしがいつも感じていたことです。

しんどいと感じる理由

子育てがしんどいと感じるのは、ママと子供の関係に問題があるわけではありません。

ママが一人で問題を抱え過ぎているか、周囲の協力が得られないからです。トイレ1つに行くにしても、べったりとついてこられたらママにとってストレスになります。こんな時「ちょっと見てて」と頼める人が居たらどんなに楽でしょうか。トイレという空間だけでも良い、少しでも自分の時間があればそれだけでリフレッシュ出来るのに。

また、達成感が無いというのも理由の1つとして考えられます。育児は毎日毎日、同じ繰り返し。昨日と同じ朝・同じ昼・同じ夜。全然前に進んでいる気がしません。何だか社会から子供とわたしだけが取り残されている感じ。子供は確かに成長しているはずなのですが、実感が湧きません。育児とは曖昧ではっきりしないものですから、成し遂げた感は子供が巣立つまで実感できないのです。

育児は時々しんどい、でも大抵楽しい

f:id:mamakoso:20170703212602j:plain

でも育児って本来、楽しいものなんです。

しんどくってもそれは時々でなくては。夜泣きで夜は疲れるけど、昼はママのリラックスタイムというようにどこかでバランスをとる必要があります。1日中しんどいなんて、それは追いこまれすぎです。子供を出産した時の気持ちはどうでしたか?誰だって子供と一緒の楽しい人生が始まる予感がしたはずです。その予感は正しいんです。

しんどい思いに普段の生活が染まってしまうような、育児は正しくないんです。もし、そうならば【どうにかした方が良い】というサインだと受け取ってください。

ママ・パパが笑顔になるために

ママだけではなく、専業主夫のパパやシングルファーザーのパパも同じ思いをしているかもしれません。そんな子育てを頑張っている全てのパパ・ママが笑顔になるために言いたいこと。それは【周りの人間をもっと巻き込んで!】

しんどい子育てをしているのなら、もっと周りに言いましょう。自分の親やパートナー、支援センターなどの相談機関、同じく子育て中のママ。目を向ければあなたの周りには沢山の人が居るはずです。いざ打ち明けてみると共感してくれたり、面倒をみてくれたり、具体的なアドバイスがもらえたり自分だけで悩んでいた世界とはまた別の世界が広がります。自分1人であれもこれも抱え込む必要はないんですよ。

また、打ち明けることによって悶々とした気持ちもスッキリします。他にも辛いことや失敗したことを笑い話にするのも良い方法です。それまでの悩みが解決しちゃいますよ。

最後に

ママの笑顔が子供は1番嬉しいんです。しんどい毎日だと笑顔も消えちゃいますよね。育児に正解はないけれど子供と親が楽しく過ごせることが唯一、言いきれる育児の正解だと思います。

 

▲まさに子育ての概念を覆してくれる1冊。これを読めば育児がどんどん楽になりますよ!