ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

1歳過ぎたら買い与えたい「知育玩具」10選

f:id:mamakoso:20170702155756j:plain

1歳はちょうど複雑なおもちゃに興味を示しだす時期です。

どんどん能力が伸びる貴重な時期。

だからこそ、沢山あるおもちゃの中から子供に良い刺激を与えるものを選んであげたいですよね。

今日は、そんな1歳児に買い与えたいおもちゃをご紹介しますね!

知育玩具はこんなに能力を伸ばします

1歳児が知育玩具を通じて、獲得する能力の1つが器用さや正確な手先の感覚です。

玩具で遊ぶことで普段の生活では得られない刺激を与えてくれます。

器用さは一生ものですから小さいうちに身につけてあげたいですね。わたしなんか本当に不器用で困ったことが多々ありましたから……。

 

また、実際に触って頭を働かせるという行為は空間認識を高めることにもなります。

空間認識能力は数学や科学の問題を解くうえで欠かせないものですから、将来は数学や科学が得意な子になってくれるかもしれませんね。

 

そして、他にも集中力なんかも養ってくれます。

お気に入りの玩具で遊んでいる時の子供の様子を思い出してみてください。

もの凄い集中力を発揮していますね。娘も好きな玩具で遊んでいる時は2~3度呼びかけても、全くこちらに振り向きもしません。

好奇心が次々移っていく子供でも、ぴったりハマる玩具があれば親が驚くほどの集中力を見せてくれますよ。

そうやって集中する時間を作ってあげることで、徐々に集中する感覚を身につけていきます。

1歳児に知育玩具を選ぶポイント

●子供の成長に合ったもの

●様々な遊び方が出来るもの

●好みに合ったもの

以上3つが知育玩具を選ぶ時のポイントです。

 

中でも「様々な遊び方が出来る」というのが外せないポイントで、例えば0歳児が食いつきやすい玩具といえば「オーボール 」が思いつきます。

このオーボールはこれ1つで【掴む・投げる・引っ張る】という動作が出来るようになっています。

この様々な動作が赤ちゃんに刺激を与え脳を活性化させるんですね。

実際に家の娘も0歳の時は、オーボールを舐めたり握って眺めたり、投げたりと幾つもの遊び方で楽しんでいました。

こういった複数の遊び方が出来る知育玩具がおすすめですよ!

子供の能力が伸びる【知育玩具】10選

①はじめてのピタゴラス

文字通り1歳から遊べる積み木です。通常、1歳ですとまだ積み木が積めなかったり、持つだけといった感じになりやすいのですが、はじめてのピタゴラスでは磁石が内蔵されているのでピタッと自分の作りたい形を作ることが出来ます。またそれだけではなく、物を掴んで希望する場所にくっつけるという学習にもなりますよ。

②あそびのおうち 木のおもちゃ

型はめパズルや鍵遊びといった、楽しい仕掛けがあそびのおうちに詰まっています。子供ってどうしてあんなに鍵遊びが好きなんでしょう?

③ コンチェルティーナ

1歳半から遊べる楽器のおもちゃです。コンチェルティーナはアコーディオン風になっていて1歳頃の子でも音を奏でられます。手で押したり引っ張ったりすることで音が鳴る仕掛けです。慣れてくれば踊りながら演奏出来るので、複雑な動きが体験できます。

④WALTERむかで

とってもカラフルでくねくねと動く様子に、子供の視線もくぎ付け。色彩感覚を養えるだけではなく、ヴァルターむかでを引っ張って歩くことで、より歩くといった動作が身近なものになります。

⑤カビー

ツルツルでピカピカな積み木です。穴が開いた丸い積み木を棒に通すことで、空間認識力・手先の発達を促します。また、カビー は塗料がすべてハーブといった天然のものが使われているので、子供に優しいおもちゃと言えますね。

⑥アニマルパズル

パズルは知育玩具の代表的なものです。体操の内村航平選手も生後6カ月からパズルで、集中力を養う訓練をしてきました。アニマルパズルは動物の絵をめくると中に同じ絵が描かれているので、1歳でも十分にチャレンジ出来るパズルです。

⑦ベビーコロール

クレヨンの中が空洞になっているので、自分の好きな順番にはめてお絵かきを楽しめます。ベビーコロールはクレヨンだけでなく、積み木として遊ぶ要素がある点が強みだと思います。また、強く握っても折れないのでファーストクレヨンに最適ですね。

⑧森のあそび箱

大型知育玩具ですね。これだけの大きさですから、「パズル」「木琴」「コースター」「数合わせ」といった発達を促す、あらゆる遊びが詰まっています。成長に合わせて長く遊べますよ。森のあそび箱が1つあれば、他のものが要らないくらい熱中してくれます。

⑨お話聞かせて ようせいさん

絵本とぬいぐるみがセットになっています。絵本の読み聞かせは情操教育に欠かせないものです。しかもこのお話聞かせて ようせいさんは、絵本の中に登場するキャラクターのぬいぐるみも付いてくるんです。大喜びした子供は、ぬいぐるみを通してものを大切にしたり、可愛がる気持ちを学んでくれますよ。

⑩えほんトイっしょ しょくぱんくんとサンドイッチ 

低年齢から遊べるままごとセットです。絵本と布で出来たままごとグッズが一体化しています。美味しそうなしょくぱんくんとサンドイッチを食べる真似をしてみたり、作ってみたり色んな楽しみ方がありますよ。

いかがでしたか?

楽しみながら発達を促してくれる知育玩具。

どれもこれも子供が好きそうなものばかりですね。

遊ぶ時は子供だけでなく大人も一緒に楽しむ姿を見せることで、もっと興味を持っ取り組んでくれますよ。