ママ、子育て始めるってよ。

ブロガーままこそが子育てネタを中心に好きなことを発信するブログメディア

藤井四段の強さの原点「モンテッソーリ教育」とは?

f:id:mamakoso:20170706095030j:plain

惜しくも30連勝を前に敗れてしまった藤井四段ですが、それでも29連勝という驚異の記録を打ち出しました。これは歴代記録を30年ぶりに塗り替えた事になります。若干、14歳という若さでこれほどの強さを見せた藤井四段。その強さの秘訣は実は幼児期にあったんです。

3歳でモンテッソ―リ教育を受ける

藤井四段は3歳で幼稚園に入園します。

この幼稚園がモンテッソ―リ教育を取り入れていたんですね。そんなモンテッソ―リ教育を施す幼稚園で藤井四段が夢中になっていたものは「ハートバック作り。」画用紙を編んで作ります。これを毎日、何個も作って家に持って帰っていたそうです。

子供は何かを作りだすことが大好きですもんね。でも、藤井四段の凄いところはこの「ハートバック」を100個は作ったというところ。中々ここまで作る子供は少ないんじゃないでしょうか?それともモンテッソ―リ教育を受けた子供は、みんなこれに近い数が作れるのかもしれませんね。(家の娘は5個ぐらいで飽きちゃいそうです(;'∀'))

わたしもハートバックに挑戦してみました(ミニver)↓ 

f:id:mamakoso:20170706130957j:plain

①縦12cm横4cmに切る。(本来は縦24cm横8cmです)

f:id:mamakoso:20170706131301j:plain

②2つ折りにし、更にカット

f:id:mamakoso:20170706131455j:plain

③交互に編んで行きます。(難しすぎて後から左右逆にしました)

f:id:mamakoso:20170706131610j:plain

④何とか完成。

いやー、不器用なわたしには難しかったです。何回か編み直しました。1個作るのに15分はかかったでしょうか。これは集中力と手先の器用さが、かなり要求されますね。

モンテッソ―リの教育方針とは?

モンテッソ―リは教育の基本をこう掲げています。

「子どもは、自らを成長・発達させる力をもって生まれてくる。 大人(親や教師)は、その要求を汲み取り、自由を保障し、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」

子供の自主性を尊重し、それを伸ばすという考え方ですね。

モンテッソ―リの教育は発達段階に合わせて行われます。そして、子供が十分に能力を伸ばせるような環境を与えます。この環境というのが、「子供が興味を示す教具」「異年齢混合クラス」「自己形成を援助出来る教師」です。

家の娘も少人数保育だったので、3歳から6歳が一つの部屋で過ごす異年齢クラスで過ごしました。見ていて確かに年少や年中の時は上の子から刺激を受けているように感じました。反対に年長に上がった時には、下の子の面倒を自然と見るようになっていましたね。娘は一人っ子ですから、この異年齢クラスで過ごした経験は貴重なものだったと思います。今、振り返ってもこの環境は有り難かったですね。

具体的な教育方法

モンテッソ―リでは、教具を用いた活動を「おしごと」と呼びます。

具体的なおしごと内容
・生活(洗濯、アイロンがけ、野菜切り、花の水切り)
・感覚(円柱さし、ピンクタワー、茶色の階段、音感ベル)
・数(数ビーズ、銀行遊び、赤青棒、数字と玉)
・言語(砂文字、50音並べ、絵合わせカード、彫り文字)
・文化(絵カード、惑星の模型)
等、まだまだ沢山のおしごとがあります。

この「おしごと」という呼び方は幼児が発達に必要なことをしている=遊びではない。という意味を含んでいます。

このおしごとを午前中3時間行うことが理想的です。

子供のこんな能力を伸ばします

f:id:mamakoso:20170706120948j:plain

このモンテッソ―リ教育は子供の意欲と好奇心を育てます。

どのおしごとを選んで、いつ止めるか。この決定を自分で下すのですから、意欲と好奇心が育つのも納得ですよね。

また集中力や手先の器用さ個性、責任感や落ち着きも育つと言われています。藤井四段の集中力もまさにモンテッソ―リで育まれたものではないでしょうか。

反対にデメリットはないの?

一方、モンテッソ―リのデメリットですが自発性が行き過ぎたり、集団行動が苦手になったりという事が考えられます。

そして、この教育方法は指導する職員の資質によって教育効果が大きく左右されます。ですから、実施機関は慎重に選びたいところですね。

家庭で出来るモンテッソ―リ教育

では、モンテッソ―リ教育は特別な機関でなければ実施出来ないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。家庭でも工夫すれば取り入れることが出来ます。

・お家のお手伝い(床ぶき、茶碗洗い、掃き掃除など)
・縫い差し
・リボン結び
・コイン落とし

また他にも、親が気を付けたい事として【怒りすぎない】【口を出しすぎない】という2点が挙げられます。子供の自主性を育てることに重きを置くモンテッソ―リですから、親が干渉しすぎるのは避けたいところ。

▲まさにお家で出来るモンテッソ―リに焦点を当てた本です。家庭にあるもので実践出来ます。

モンテッソ―リ教育を受けた有名人

藤井四段以外にもこんな人が居ます。

●セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ(google創立者)

●ジェフ・ベゾス(Amazon.com の創立者)

●ジミー・ウェールズ(wikipedia 創設者)

●オバマ元大統領

●ウイリアム王子とヘンリー王子

まとめ

モンテッソ―リは子供の自主性や集中力を伸ばす最高の教育です。藤井四段の集中力や落ち着きはモンテッソ―リで伸ばされた面も確実にあると思います。勿論、持って生まれたものもありますが。それでも、我が子の長所を伸ばしたい!と考えるのであれば、モンテッソ―リ教育を施すのも1つの手ではないでしょうか。