ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

絆創膏にかぶれる!そんな時に試したい3つの対策方法

f:id:mamakoso:20170904093125j:plain

こんにちは、ままこそです。

私は絆創膏をどれだけ貼っていてもかぶれないのですが、肌の弱い娘は絆創膏を貼ったらすぐにかぶれてしまうのが悩みのタネでした。

汗疱体質&アトピーの娘には、蒸れと肌に刺激がある絆創膏は厳しいんですね。

膝とかは比較的大丈夫なんですが、指先とか皮膚の薄い場所に貼るとたちまち赤くなってしまうか、ポツポツと赤い斑点があらわれます。

また、ここから皮膚炎になってしまうのでは!と気が気じゃないんです。

そんなデリケートな肌でも傷をカバーする方法を試行錯誤してきたわけですが、ここでは「コレ良かった。」「かぶれなかった(ダメージが少なくすんだ)。」という方法を紹介していきたいと思います。

絆創膏でかぶれる原因

①接着部分によって炎症をおこしている

②不衛生な状態による細菌の繁殖

➂剥がすときに皮膚を傷つけてしまう

この3つのうち1つ、もしくは全部が揃う事であの赤くて痒い状態になっちゃうんですね。

絆創膏が貼れない時に試して良かった3つの方法

☆ワセリンを塗る

f:id:mamakoso:20170904130607j:plain

ワセリンを数時間置きに塗ります。

ワセリンは基本的に肌に吸収されないので、デリケートな肌の子にも使えます。上から傷をフタするイメージです。

ワセリンを塗るのと塗らないのとでは傷の治りがやっぱり違うし、「傷痛くないかなぁ」とか「化膿しないかなぁ」といった絆創膏を貼らない不安からも解放されますよ。

☆ガーゼ&テープで乗り切る

酷い傷の場合はガーゼ&かぶれにくいテープで乗り切っても良いと思います。

ガーゼは浸出液を吸収してしまうので、あまり望ましくないという考えもあるみたいですが、私個人としては動きが激しくてばい菌が入りやすい子供にはガーゼを当ててあげた方が良いと思います。

ガーゼの上から貼るテープについては、今まで色んなものを購入して試してきました。中でもコレ↓

f:id:mamakoso:20170904131842j:plain

この貼る包帯はかぶれにくかったです。肌の弱い娘でもこれで赤くなったことはありません(ただし、毎日貼り替えたり剥がすときはワセリンで浮かしたりお風呂でふやかして行っていました。)

f:id:mamakoso:20170904131948j:plain

テープ幅が太いので好きな長さや大きさに切って使います。伸縮性があるので肌に負担がかからなくてガーゼが浮きにくいです。

☆絆創膏を厳選する

絆創膏を貼れない時にと言っておきながらなんですが……。

合う絆創膏を探してみるのも有効な方法だと思います。絆創膏ひとつでもこっちは蒸れにくいとかあっちは蒸れやすいとか色々あります。

私が一番使い勝手良いなぁと感じたのが「ケアリーブ」

f:id:mamakoso:20170904133336j:plain

 結構粘着力があって肌への負担はないことは無いんですけど、100均とかで大量に売っている絆創膏よりは断然かぶれにくいです。蒸れにくくて、伸縮性がある点も〇。

これも外すときはお風呂で外すか、ワセリンを塗って浮かしてから外すとより肌に刺激がないですよ。

娘は6歳なのでMサイズを使っていますが、指先に貼る時はMでは大きいのでSも常備しています。

いかがでしたか?

家はこの3つの方法でケガした時は何とか乗り切ってます。

肌の弱いお子さんを持つママは本当に大変だと思います。ちょっとしたケガよりも、絆創膏かぶれのほうが酷くなったり。

でも、うちの子はこの方法だと大丈夫!というものを見つけておけば怪我の時に慌てないし安心だと思います。

おしまい。

 

〇こちらも合わせてどうぞ 「子供の病気」最新カテゴリ

子供の汗疱治療法を改めてまとめてみた。

学校健診で側弯症が発見されなかった、たった1つの理由。

汗疱の子供がプールに入らない方が良い3つの理由。

子供がアデノウイルスにかかった体験談【原因と対処法】