ままこそblog

子育て・生活ネタを中心に発信中(ときどき書評)

子供が蚊に刺されまくった!困った痒みを抑える方法

f:id:mamakoso:20170914195841j:plain

9月中旬にも関わらず、子供が学校で蚊に刺されまくって帰ってきます。

これは困った……。

肌が弱い子供が蚊に刺されると、腫れたり熱をもったり最悪とびひになったりするかもしれない(´・ω・`)

しかも、テレビ見ながら本人はボリボリ掻いてるし、痒いんだろうなぁ。

「あんまり掻かないで爪でキュッと押すくらいにしたら?」

と言っても「うん。」と言ったそばから激しく掻きます。

そういえば昔、刺されたとこをバッテンに爪で抑えなさいって祖父から教わりました。

そうすると本当に痒みが止まった気がしたものです。

でもこれってたぶん迷信ですよね?←調べてないけど

とにかくこの痒みを何とかしようということでさっそくググりました。

蚊に刺されたらすぐに対処します。なるべく早く刺された箇所に対処して、それ以上かゆみが激しくならないようにしましょう。消毒用アルコールやアルコール入りウェットティッシュで患部を拭くか、水で洗います  

なるほどー蚊に刺されたらすぐ水で洗えばいいらしい。

スポンサーリンク

 

という訳でそれからは刺されて間もない時には、娘も私も流水で患部を洗い流すようにしました。

すると、あーら不思議みるみる痒みは引いていきます。

有り難いことにその後、痒みがぶり返すこともありません。

では、すでに刺されて時間が経ってしまった場合はどうしようという事で更にググりました(学校で刺されて家に帰ってもまだ痒い時ですね)

出てきたのは・アイスノンで冷やす・塩を塗る・テープを貼る・温める

といったものでした。

中にはレモンを絞るなんてのもありました。

この中で効果があって出来そうなのがやっぱりアイスノンで冷やすかなーと思います。

今度から時間が経っても痒い場合は、かゆみ止めの薬を塗ったうえで冷やしてあげようと思います。

そして、痒み対策について調べていて気になったのが1つ。

それが『蚊刺過敏症(ぶんしかびんしょう)』というやつ。

いわゆる蚊アレルギーで色々な症状が出ます。

蚊に刺された後、いつもより悪化したり蕁麻疹が出たり高熱が出るといった症状です。

娘も1度、蚊に3~4箇所刺されたすぐ後に熱を出した事があったんですが、ひょっとしてこれかなぁーと思いました。

対策としては虫よけスプレーで刺されないようにしたり、これまた刺されたらすぐに洗い流すのも良いみたい。

娘の場合は肌が弱くて普通に売られているような虫よけスプレーは使えないので、シールタイプやリングタイプを外出する時は身につけさせてます(でもシールタイプはよく見ないと蚊に効かないものもあるって話)

学校でも身につけられると良いんですけど、リングタイプはダメなようで。

仕方なくスプレータイプを洋服にシュッとかけていますが、何にも効果はありません。

蚊は11月頃まで油断できないみたいなんで、こうなったら早めに長袖を着させようと思ってます。

皆さんも、しつこい蚊には気をつけてくださいね。

おしまい!

▲今、気になっている商品。ワンプッシュで部屋の蚊を駆除出来るらしい

〇合わせてこちらもどうぞ

子供の場面緘黙症を見逃さないために覚えておきたい事

学校健診で側弯症が発見されなかった、たった1つの理由。

絆創膏にかぶれる!そんな時に試したい3つの対策方法