ままこそblog

子育て・生活ネタを中心に発信中(ときどき書評)

ポジティブ・チェンジの感想。【変われない人は変わりたくない】

f:id:mamakoso:20170929140632j:plain

人の心を知り尽くしているメンタリストDaiGo。

そんなDaiGoが書いた一冊『ポジティブ・チェンジ

以前から私はDaiGoの人生の最終目標が「知識の最大化」だという話を聞いてから、勝手に共感して興味を持っていたわけです。

そんな彼が書く本ならきっと役に立つに違いないと購入。

で、読んでみたら「確かに納得出来る!実践出来る!」のオンパレードでした。

どんなことが書かれていたのか、ちょこっと紹介していきたいと思います。

序文『変わるのに根性や努力は要らない』

変わりたいと思ったら、努力や根性なんて無駄だし。

そんなもので人は変われないよってなことが書かれています。

本来、人間は変化を嫌うように出来ていて変わらないように行動に制限をかけているらしいです。

そこを乗り越えてなりたい自分になるためには、変化の過程をいかに楽しむかだよ!この本を読めば変化の過程がワクワクする楽しいものになるよ。

という具合で序文が書かれています。

まぁ、確かに「何か変化を起こそう」ってなった時に、脳が行動に制限をかけてるっていうのは実感としてありました。

やっぱり、ダイエットとかはその最たるものなんじゃないですかね?ブログ運営もそうかも?

で、いよいよ本編へ突入。

(興味深かった部分のみを抽出して、自分なりに解釈しました。)

頭も根拠も希望もいらない 

なりたい自分になるためには、まずは『行動』というのが一冊通して語られています。

頭で考えたり、計画を立てちゃったりすると「やりたい!」っていう心の欲求を抑制しちゃうらしいです。

だから、もうやりたいことがあったら考えるより行動したほうが良い。ってことです。

その方が、目標を達成するために必要なものが見えてくるんですね。

動かなくちゃ何も始まらないっていう感じでしょうか。

動いてみて振り返った時に初めて、自分が以前と変わったことに気づけます。

スポンサーリンク

 

人見知りを克服するには?

この話題、すご~く興味深かったです。

早い話、人見知りを克服したかったら新しい行動を1つとる。

例えば、いつも挨拶していない人に挨拶したり・上司に意見を言ってみたり。

普段の自分はしないなぁということをしてみると良いみたいです。

で、新しい行動をどんどん増やしていくことでなりたい自分に確実に近づけるよ。ってことが述べられてます。

ネガティブ言葉はNG

色んな本でもネガティブな言葉は良くない!と言われてますよね。

私もなるべく言わないようにしてますが、それでも抑えきれない感情の時はつい……。

本書ではネガティブ言葉が何故ダメなのかが科学的な方面から明かされています。

ポジティブに生きたいなら言葉をポジティブにすれば良いみたいで、例えば

〇疲れた→やりきった、やれやれだぜ(ジョジョ風)、乳酸が溜まってるようだ(知的ver.) 〇遅刻する同僚→自由だな!

という感じで。

言い換えるだけでゲーム感覚になるというか、ちょっと面白くなってきますね。

まとめ:一に行動、二に行動、三四がなくて五に行動

とにかく動いてみるほど強いものはないという内容だったと思います。

動かなきゃ何も変わらないし、未来も動かせないと感じました。

本書では他にも、外見が与える影響や食事にどうこだわっていくかが書かれていて、自分で実践出来るポイントが満載でした。

確かに、変わらない自分は自分が変えようとしていないんだなぁと痛いトコ突かれた感も読んでいてありましたが、確実に参考になりました。

全て生活の中に取り入れていこうと思うと大変そうですが、少しづつ取り入れていくことで新しい・なりたい自分になれるんじゃないかと感じさせてくれる一冊でした。

おしまい!

 

 

〇合わせてこちらもどうぞ

疲れた時は椎名林檎を聞いてエモさに浸る

出てくる食べ物がすごく美味しそうな小説

女性アーティストが歌った!子供への曲が感動的