ままこそblog

子育て・生活ネタを中心に発信中(ときどき書評)

子供が急に鼻血を出した!慌てないで止血するたった1つのコツ

f:id:mamakoso:20171002122827j:plain

子供は急に鼻血を出します。

しかもそれが半端ない量なんで、こっちも「あ~どうしよう!!」って慌てちゃいます。

血を見ると力が抜ける性質なんで、もうオロオロですよ。

でも、毎回大人が慌てたんじゃ子供も不安になっちゃいますから、そこは正しい止血方法を覚えて冷静に対処を心がけたいものです。

子供は就寝中に鼻血を出しやすい

f:id:mamakoso:20171002125131p:plain

アレルギー鼻炎がベースにある子は、鼻の粘膜に炎症が起こっている上に寝ている最中に鼻をいじってしまいがち。

家の娘がまさにそうです。

で、夜中にむくっと起き上がり鼻を無言でかんだと思ったら「うわー鼻血!」と報告してきたり、気づかない場合は朝になって枕が血だらけになっていたりなんてことも。 

また、季節によって鼻血が出やすい時期があります。

それは、夏。

夏は暑さによって血管が拡張しがち。温度が上がることによって、鼻粘膜の血管が開いちゃうんですね。

血管が開くことによって鼻血が出やすかったり、出血量がいつもより多く感じます。

夏はいつもより鼻血でやすいなーと感じてる人いませんか?

鼻血を止めるポイントはキーゼルバッハ

キーゼルバッハってなんじゃいな?って感じですが、鼻血を止めるにはこのキーゼルバッハ部分を抑える!それがポイントです。

f:id:mamakoso:20171003100141g:plain

ちょうど小鼻の内側あたり。

鼻血の90%はこの部分の血管が切れることで起こります。

だから、「鼻血だ!」って思ったら小鼻をつまむ形でこの部位を圧迫してあげれば良いんですね。

鼻血を止める3ステップ

1.椅子に腰かけ少しうつむかせる

2.キーゼルバッハ部を圧迫(時間は5分から10分程度)

3.衣服をゆるめて、落ち着かせる

こうすれば鼻血は大抵の場合治まります。

間違っても鼻にティッシュを詰めたり、上を向かせるのはいけないらしいです。

今から30年ほど前は、ティッシュ詰めたりってやり方が主流だった気がしますが(;´∀`)

スポンサーリンク

 

鼻血を予防出来る方法ってないのかな?

そんなにしょっちゅう鼻血を出してたら心配になるし、事前に防いであげたいですよね。

じゃあどうするかっていうと、「鼻が気になってるなぁ」と思ったら耳鼻科に連れて行く。

それしかないです。

食べ物などで鼻血予防出来るっていう話もありますが、効果があっても少しか全く効果ないかのどちらかと思うんで、やっぱり耳鼻科に行くっていう一択をオススメですね。

鼻を吸ってもらったりするだけでも楽になるし、薬を飲んだ方が良い場合もありますし。

原因が分からない鼻血

鼻血はキーゼルバッハ部位からの出血がほとんどですが、中には他の病気が隠れているなんてこともあります。

あんまりしょっちゅう鼻血が大量に出て、30分以上経っても止まらないなら注意が必要かな?と。

いずれにしても、鼻の中はお医者さんじゃないと詳しく見られないので早めの受診を。

あとがき

夏にしょっちゅう鼻血を出していた娘も、涼しくなるにつれめっきり出さなくなりました。

振り返れば、特に外でちょこっと遊ばせてた時に出る率が高かった気がします。

鼻炎とのぼせが合わさったのかもしれないですね。

では、夏おそるべし!ということでおしまいにしたいと思います!

 

〇合わせてこちらもどうぞ

子供がアデノウイルスにかかった体験談【原因と対処法】

絆創膏にかぶれる!そんな時に試したい3つの対策方法

子供の場面緘黙症を見逃さないために覚えておきたい事。