ままこそblog

子育て・生活ネタを中心に発信中(ときどき書評)

節約の第一歩は外食費を削ること!外食癖を治すために行った4つの方法

f:id:mamakoso:20171008141433j:plain

一時期、外食にハマって散財が続いたことがありました。

と言っても週に1回~2回程度ですが、これがバカにならない出費になります。

行き先は、ファミレスや回転ずしといった比較的リーズナブルに済ませられるお店ですが、それでも1人あたり千円~二千円はかかってしまいます。

月にすると1人あたり1万円近く、もしくはそれ以上使っていることになりますね。

これを高いとみるか安いとみるかは個人差がありますが、私自身は「外食にお金を使うのは勿体ないなぁ。」と感じていました。

が、外食先でメニューを開けばワクワクするし、いつも食べているものとは違うものが食べられるし、子供も喜ぶしで何だかんだと理由をつけて通い続けていました。

でも、やっぱり外食は健康に良くない!何よりお財布に優しくない!と思い、なるべく外食を減らす方向へ舵をきりました。

外食癖がなぜつくのか?

外食にハマっている→節約や健康のために止めたい→でも止められない。というのは、外食癖がついている状態だと思います。

家で料理が出来るのに、「いつもとは違うものが食べたい」「お店の雰囲気を楽しみたい」「高揚感を味わいたい」「準備・後片付けの手間が省ける」と常日頃から考えてしまうのが外食癖がついている状態。

この外食癖を解消するためには、これらの欲求を家で満たせるようにすれば良いのです。

スポンサーリンク

 

外食を減らすために工夫した4つの方法

①ホットプレートを使う

f:id:mamakoso:20171008143235j:plain

どこか奥の方にしまいがちなホットプレートですが、「何か特別なもの食べたいなぁ。」とか「いつもと違う雰囲気で。」という時に使えます。

最近は、タコ焼き器もセットで付いてくることも多いですね。

焼きそば一つにしても、フライパンよりホットプレートで焼いた方が美味しいし、何より出来上がる行程が目の前で見られるので、食欲が湧いてきます。

小学生くらいの子供が居れば、炒めるお手伝いも頼めますしね。

ホットプレートで食事したあとは、タコ焼き器でベビーカステラを作ったりすると楽しいですよ!

ちなみに、ホットプレート料理はかめ代さんのレシピをよく参考にしてます♪

②ちょっとお高い食材を買う 

f:id:mamakoso:20171008171819j:plain

「普段より良いもの食べたい!」ってのも外食したい要因になります。

ステーキとかローストビーフとか(発想がありきたり(;´∀`))

だから、いつもよりもほんの少し高い食材を買ってみると、「良いもの食べた!」って気になって満足感が高まります。

「これ、いつもなら手が出ないなぁー。」ってものも、外食するより安くすむ場合がほとんどですので、こっちのほうがお得です。

➂再現レシピを楽しむ

f:id:mamakoso:20171008192610j:plain

「あのお店のあの料理が食べたい。」って時もあります。

そんな時は、再現レシピを楽しんでみるのもひとつの手です。

クックパッドに「よくここまで再現したなぁー。」ってレシピが沢山載っているので、それを参考にするようにしています。

でも、サイゼリアのドリアなんかはもともと安いので再現レシピのほうが高くつくかも。

それでも、「食べたい!」って思った時に自分で作れるのってなんか良いですよね。

④外食する基準を決めておく

f:id:mamakoso:20171008223851j:plain

「どうしても面倒な時」&「特別な日だけ」といった風に、あらかじめ外食して良い日を決めておきます。

そうすると外食日もグンと減りますので、それに伴って出費も抑えられます。

基準を決めておかないと「今日は外に食べに行こうかなぁ」なんて、気分で決めてしまうんですよね。

準備・後片付けの手間については……

準備や後片付けの手間に関しては、外食に勝るものはないと思います。

ホットプレートにしても洗う手間はかかるし、再現レシピに関しても準備・作る・後片付けが必要です。

だから、「どうしても料理作る気しない。」という時や、特別な日には外食もOKだと思います。

たまに息抜きも必要ですもんね。

毎週だったら痛い出費でも、月に1~2回程度ならたかがしれています。

そうやって欲求を上手く発散させることが、外食欲を抑える近道かもしれませんね。

 

おしまーい!

 

☆こちらも合わせてどうぞ☆

○混ぜて丸めるだけ!じゃがいもチーズボールのレシピ

○「人生でやりたいこと100のリスト」を作ったら自分がどう生きたいかが見えてきた

○1000円カットが良い意味で予想を裏切ってくる。