ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

失敗しないキッズスノーブーツの選び方!滑らない・冷えないものがオススメ

さむ~い冬がもうすぐやって来ます。

皆さまどうお過ごしでしょうか、ままこそです。

真冬に雪がどっさり・道が氷でツルツルになる石川県に住んでいると、スノーブーツの選び方ひとつで冬が快適に過ごせるかどうかが決まってくると言っても過言じゃないのです。

特に子供は雪遊びをいっぱいするし、足が冷えるとしもやけになって可愛そうなので、スノーブーツ選びは慎重になります。

これまでも、何足か買って「正直失敗したなぁ」と思ったものもありますし、「これはひと冬履けるな」と感じたものもあります。

今回は、そんな経験からスノーブーツを選ぶ時のポイント・おすすめのものを紹介していきたいと思います。

参考になれば幸いです。

こんなスノーブーツを買って失敗

私が買った中で失敗したな、と感じたスノーブーツは隙間から雪が靴の内部に入ってしまうものです。

靴紐のすぐ下のベロ部分から、雪が侵入してしまったのですね。

f:id:mamakoso:20171018114015j:plain

↑※ベロとは、この指で抑えてる部分です。ちなみにこれは私のスニーカーなんで、スノーブーツとは関係ありません。

大雪が降る地域以外では、何も問題はないと思いますが、何しろ北陸はどっさりと雪が降りますから、このベロ部分に少しでも隙間があると厳しいです。

ですから、雪がたくさん降る地域はベロ部分に隙間がないタイプが最適です。

スノーブーツ選びの3大ポイント

①滑らない

靴底の溝がデコボコしていて深ければ理想的。

溝が浅いと滑ります!

②冷えない

靴の内側が温かいものですね。

中敷きなんかも工夫されていると嬉しいです。

➂雪が侵入してこない

これは先ほども書いた、ベロ部分から雪が入ってこないことです。

雪国ならばこれに、ある程度靴に高さがあると安心です。 

長靴ではなくスノーブーツがおすすめな理由

「雪がたくさん降った時は、長靴履けば良いんじゃない?」

との声が聞こえてきそうですが、確かに長靴は雪の日に重宝します。

でも、雪対応の長靴ならいざしらず、雨のみを想定したものだけだと、やはり雪対策には不十分です。

足先が冷えやすい構造になっていたり、靴底の滑り止めが不十分なんですね。

だから履くのならスノーブーツもしくは雪にも対応している長靴ということになります。

人気のおすすめキッズスノーブーツ5選

①モンベル パウダーブーツ

一体成型のボトムなので雪を完全にシャットアウトしてくれます。内側はあったかいフリース素材を使用。

②コロンビア チルドレンズパウダーバグフォーティー

中綿入りです。主要結合部分の縫い目にはシームシール加工を施しているので、より中が濡れにくい仕様。

※シームシール加工とは、縫い目から水が浸入してくるのを防ぐ加工のこと

➂ソレル ユースカリブー

お洒落で防寒・防水がバッチリなので寒い冬に大活躍してくれます。フィット感があり、歩きやすいです。私の見た限りではサイズが19cm~なので小さい子向けではないのが残念。でも、19cmなら小学1年生くらいのサイズになるので、その年齢から履きこなせますね。

④アサヒ ラバーブーツ スパイク付き

ブーツというより、ほぼ長靴です。でも、このラバーブーツは普通の長靴とは違います。底面にワンタッチスパイクが付いているので、雪道でも滑りませんよ~。

⑤メテオ スノーブーツ

デザインが可愛い!子供の足に負担がかからないように軽く設計されています。ただし、撥水加工で完全防水ではないので注意が必要。軽いお出かけならこれで十分ですよ!

あとがき

今回は、ガチガチの雪国でも履けるものから、軽いお出かけ用に最適なものまで幅広く紹介しました。

住んでいる場所によって、必要なスノーブーツって異なりますから、それぞれに合わせたものを選びたいですね。

どんなスノーブーツでも、子供が滑って危険な目に遭ったり、雪が入ってきて冷たい思いをしなければそれで良いんじゃないかと思います!

 

おしまい。

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○5歳まで子供が何度も読んでいた絵本12選

○子供の秘密基地になる!人気のおすすめキッズテント8選

○【絵本・児童書】ププッと解決!おしりたんてい大人気の秘密

○上履きはイフミーが断然おすすめな理由と種類について

○【安全で扱いやすい】おすすめキッズ包丁6選!