ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

アヲハタのジャムは手っ取り早く幸せになれる食べ物だよっていう話

f:id:mamakoso:20171019113820j:plain

ジャムは毎日食べたいわけではないが、時々食パンに塗って食べるぶんには十分すぎるほどの幸せを与えてくれる食べ物だと思う。

 

ジャムを塗ったパンに淹れたてのコーヒなんか付ければ、その時点で感じうる最高の贅沢になる。

 

朝、体が甘いものを求めた時、正統派スイーツだとハードルが上がってしまい罪悪感&これじゃない感を感じてしまうが、一転してパンにジャムだと甘いながら立派な朝食になり、罪悪感もなく食べることが出来るのだ。

 

ところで、食パンにジャムを塗る際はトーストするのが一般的なのだろうか?それとも白いまんま食べるのだろうか?

まぁ、そんなことはどうでも良い。

 

とにかく食パン&ジャムは幸せの象徴のような食べ物なのだから。 

ジャムの最高峰・アヲハタジャム 

私のような庶民にとって、アヲハタのジャムはどこにでも売っていて、手頃な価格で買える最高のジャムだ。

 

もっと美味しいジャムがこの世界にたくさんあるのは分かっているが、ついそれに手を伸ばしてしまう。

顔馴染のような安心感がそこにはあるのだ。

 

栄養士の学校に在籍していた時に、手作りのジャムを学校で作ったことがあるが、味はアヲハタのジャムとあまり変わらなかった。

 

確かに、手作りは余計なものは一切入っていないし体に良い様な気もするけれど、なにしろジャムを一から作るのは時間がかかる。

容器を煮沸消毒するのだって面倒だ。

 

じゃあ、普段はアヲハタのジャムを食べれば良いじゃないか。

スポンサーリンク

 

ジャムの食べ方いろいろ

いくらジャム最高!と思ったとしても、さすがに「別の食べ方してみたいなぁ」という衝動に駆られることがある。

そういう時は、ジャムをパンに塗ってから焼く。

トーストしてからジャムを塗るんじゃなくて、ジャムを塗って更に上からマーガリンを置いてからトーストするのだ。

通称「焼きジャム」と言うらしい。

 

cookpad.com

うん。確かにこの食べ方もアリ。

 

他にはブラックコーヒーにジャムを入れてみたり、ヨーグルトにジャムを入れてみたりしている。

 

どれも美味しい。

 

だけど、やっぱり最後に戻ってくるのは食パンにジャムというシンプルな食べ方だ。

 

そうだ、明日の朝はジャムトーストにしよう。

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○節約の第一歩は外食費を削ること!外食癖を治すために行った4つの方法

○スムージーって意識高い系女子だけが飲むものじゃなかったんだね

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました

○「人生でやりたいこと100のリスト」を作ったら自分がどう生きたいかが見えてきた

○今までの人生の中でこれ最高に面白いなって感じた少女漫画ベスト15