ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

チャレンジ1年生を子供にやらせてみた結果こうなった。親は退会手続きが大変かも

f:id:mamakoso:20171127141402j:plain

「子供も大きくなってきたし習い事の前にチャレンジでもやらせてみるか」

と思い立ったのは娘が4歳になったばかりの頃でした。

 

未就学児の場合は、こどもちゃれんじを受講することになります。

で、さっそく入会。

 

結果→やらない

はい。見向きもしませんでした。唯一、教材に付いてくるナンダくんというレジのバーコードスキャナーみたいなおもちゃに興味をもったくらいです。

 

そこから月日は流れ小学校への入学直前。

「またチャレンジやらせてみよう!今度こそ勉強してくれるかも」

こりない私は再び入会……の前に娘に意見を聞きました。

チャレンジの資料を見せながら「どう?」と聞いてみると「やってみる!」とやる気十分の様子。

 

いざ、1年生準備スタートボックスが届くと娘は目を輝かせました。

チャレンジスタートナビとコラショの目覚まし時計が付いてきていたからです。そう、娘の目的はこの2つでした。

で、肝心のお勉強はというと……

 

結果→あんまりやらない

はい。またもや、やりません。

相当気が向いた時に数ページやるくらいで、毎日コツコツとはいきませんでしたね。

 

「一緒にチャレンジしよう?」

と声をかけると「あとでやるね」との返事。その「あとで」は中々来ないことを母親である私は知っています。

 

そうしている間に娘の小学校生活がスタート。

小学校に入ると毎日、宿題が沢山出ます。現在は詰め込み教育に逆戻りしつつあるので、1年生は宿題で手一杯。

全ての宿題を終えると勉強のエネルギー切れになってしまって、チャレンジ1年生まで手が回りません。

 

しつこく「やってね」なんていうと、勉強が嫌いになっちゃいそうだし、結局は入会から5ヶ月(くらいかな?)経った頃に退会することにしました。

退会手続きが面倒

チャレンジは、ネットでは退会手続きが取れません。

ですから、電話で直接退会する旨を伝えます。

こどもちゃれんじチャレンジ1年生では問い合わせの電話番号が違います。退会時にチャレンジ1年生のほうにかけたつもりが、こどもちゃれんじの窓口だったんで「こちらではありません」とオペレーターさんに言われてしまいました。

 

気を取りなおして再度電話。

次はなんとつながらない!時間をあけてもう一度電話すると今度は繋がりました。

ガイダンス案内に沿って番号入力し、やっとオペレータさんへ。

そこで、○○号で退会することを伝えると退会理由を聞いてきます。

 

私:「あんまり興味を持たないし、学校の宿題だけで手いっぱい」

オペレーター:「皆さん、そうおっしゃるんですよね~。でもあと数か月とって頂くとお子さんが喜びそうな教材が沢山ついてきますよ」

私:「いえ、いいです」

 

といった具合でした。会話は数分で終わるし強引な引き止めもないんですが、ちょっとこのやりとりが面倒。

私は電話が苦手なのでネットだけで退会手続きが出来ると良いのにな、と思いました。

娘がやらなかっただけで「やる子はやる」

後日、娘の保育園時代に仲良くなったお母さんと会う機会がありました。

「うちの子、チャレンジ全然やらなかったよ~」

なんて話してみたら

「うちは一生懸命やってる。なんかゲーム感覚で面白いみたいだよ」との返事が。

 

そう。誤解のないように言うと、娘がチャレンジに興味を持たなかっただけで、やる子はやるんです。

確かに普通の勉強と違って、ゲーム感覚で進めていけるのがチャレンジの良いところ。

だから向いている子には向いてるんです。

 

娘がというより、ひょっとしたら私の誘導の仕方がまずかったかな~なんてことも考えちゃいますが、うちはよほどのことがない限りチャレンジはもうしないですね。

 

※あれほど目を輝かせた「チャレンジスタートナビ」「コラショの目覚まし時計」は、現在ほこりをかぶっています……。

 

おしまい。

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○小1の壁ってこういうこと!ワーキングマザーが後悔せず働き続けるには

○子供の能力を1番伸ばす習い事の具体的なメリット