ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

児童手当はいつまでもらえる?1人当たり総額200万円の使い道を考える

f:id:mamakoso:20171206130018j:plain

毎年2月・6月・10月と年3回まとめて振り込まれる児童手当。

 

開始当初は何かと批判がありましたが、子をもつ親としてとっても助かる存在です。

 

「子供のための大事なお金どうやって使っていこう?」

その家庭によって様々な使い道があると思いますが、うちは後々の教育費として貯金に回すことに決めました。

児童手当は何歳から何歳までもらえる?

児童手当は0歳から中学校卒業まで(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)支給されます。 

・0歳~3歳未満は15,000円

・3歳から小学校卒業まで10,000円(第3子は15,000円)

・中学生は10,000円

 

出産してすぐ定期的にお金が入るって本当に有り難いです。

1人当たりの総額は約200万円

ざっと計算して生まれてから中学卒業までの支給総額を調べてみると、200万円もらえることが分かりました。

 

そこで頭をよぎるのが大学への進学費用。

子供1人当たりで最低限貯めておいた方が良いラインは500万円だと言われています。

そうなると、約半分が児童手当で賄える事になりますね。

結構な金額です……。

 

我が家は最初に書いたように児童手当は、子供の進学のために丸々貯金してあります。

そこに、普段の生活で黒字になったぶんも合わせて貯金に回し生活しています。

理想的な使い方は本当に貯金なのか?

児童手当はもちろん貯金に回さなければいけない!というわけではありません。

児童手当は、家庭等における生活の安定と児童の健全育成を目的とした給付です。

 引用:内閣府「児童手当」

 

おむつなどの消耗品に使っても良いわけですし、未来への投資として習い事の費用にしても良いわけです。

子供の健全な育成のためなら使い道はなんだって良いんです。

 

もっと賢く貯めたいと思う人には、学資保険積立長期投資もひとつの手段としておすすめです(ただし、どちらも普通に貯金するよりも計画性が必要)

中には、子供が結婚する時に渡すという素敵な使い方も。

 

でも、私はやっぱり今後も進学費用として児童手当は全額貯金に回そうと思っています。

子供のためのお金ですからより確実な方法をとりたいんですよね。

 

進学するかしないか?それは子供の自由です。しかし、いざという時困らないように色んな選択肢は残してあげたい。

 

大きくなるまでまだ十分に時間はあります。

その時まで少しでも貯金出来たらなーと。

中学校卒業までは貯められるだけ貯める

子供のために貯金が出来るのは、せいぜい児童手当支給が終了になる中学校卒業までです。

この時期を一区切りと考え、目途をつけておきたいところ。

 

高校以降は貯めるどころか、どんどんお金が出ていく時期です。

 

それに、子供のためだけではなく自分の老後に向けての資金作りも始めなくてはいけません。

自分の老後は何とか自分の資金だけで賄わなければ。色んな意味で子供に迷惑はかけられません!

 

児童手当の使い道を考える事は、家族の将来を考えることにも繋がるのかもしれませんね。

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○節約の第一歩は外食費を削ること!外食癖を治すために行った4つの方法

○子供のクリスマスプレゼントは何にする?2017年おすすめおもちゃランキング