ままこそblog

子育て・生活ネタを中心に発信中

クリスマスケーキを手作りするようになった理由。どんなケーキを作るか一緒に考えてワクワクしよう

f:id:mamakoso:20171217111622j:plain

私は手作り至上主義者では決してありません。

忙しかったら市販のものを買うし、美味しいものを食べたい時も売っているものを買います。

でも、クリスマスケーキは子供と一緒に作りたいと思っています。

 

それは、楽しめることを増やしたいから。

たったそれだけの理由です。

 

「今年はどんなケーキを作ろうか」

「飾りつけはどうする?」

こんな会話を夜、布団の中で子供とするのが何より楽しみに感じています。

食べて終わりというのが物足りなかった

そんな私も2年前までは、クリスマスケーキは買う派で手作りするなんて考えてもいませんでした。

私の子供の頃もずっと市販のケーキで、母と手作りした記憶はありません。

 

でも、買ってしまうとあっという間に終わっちゃうんですよね。

好きなケーキを選んで食べて終わり、みたいな感じ。

 

うちは友達を呼んでパーティーを開くといったことはしないので、家族だけで『ちょっとしたクリスマスっぽいものを食べる』というのが毎年の過ごし方なんです。

そうすると、料理やケーキを食べてクリスマスは終わり!という雰囲気になるので「寂しいな、物足りないな」と感じていました。

 

そこで、「子供も大きくなってきたし一緒にクリスマスケーキを作ろう」と思いたちました。

一緒に作ればケーキが出来上がるまでの時間も楽しめるし、何より自分で作ったケーキは子供にとって満足感も倍なんじゃないかと。

 

「どんなケーキにする?」

と聞くと

「チョコレートケーキ!」とか「やっぱり普通のやつ!」とか、子供なりに作りたいものを提案してくれました。

案外手作りケーキはコストがかかる

材料を買い揃えていて気づいたんですが、案外手作りケーキってコストがかかるんですね。

普通のパウンドケーキやシフォンケーキだとお金もかからないんですが、クリスマスケーキになるとあれやこれやと必要になってくるので、市販のものと値段的にはあまり変わりません。

イチゴもお店によってはすごく高いし……。

出来上がったケーキはスポンジは膨らまないし、クリームもちゃんと塗れてない 

去年、子供と作ったクリスマスケーキは、売られているものとは程遠いものでした。

使った型が大きすぎてスポンジは十分に膨らまないし、クリームは均等に塗られていない。

 

でも、満足感はすごくありました。

何より子供が喜んでくれたことが嬉しかったです。

「写真とろうよ」と子供から提案するほど気にいってくれた様子。

 

ケーキにろうそくを立てて楽しそうに火を消す顔を見ていると「一緒に作って良かったなぁ」と思いました。

過程を楽しみたい

クリスマス当日の雰囲気や、美味しい料理もとっても楽しみです。

 

でも、そこに至るまでの過程のほうがもっと楽しいんじゃないかと思います。

ツリーに飾りつけしたり、驚く顔を想像してプレゼントを買ったり、一緒に料理を作ったり。

 

より長く楽しみたい人は、こういう過程を楽しむ過ごし方も良いんじゃないかなと。

うちの場合は、『クリスマスケーキを一緒に作る』がそうでした。

 

でも、毎年手作りをするんじゃなくてその時の状況に合わせて、柔軟に決めていきたいと思ってます。

それに、子供だって売っている豪華なケーキを食べたい時もありますもんね。

 

両方の良いところを取り入れながら、思い出に残るクリスマスに出来たら最高です!

 

おしまい。

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○「良い子にしてないとサンタさん来ないよ!」という教育的しつけ。良い子じゃないとプレゼントは貰えないのか?

○子供が冬休みに入る前に。計画しておきたい冬休みの楽しい過ごし方

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○子供のクリスマスプレゼントは何にする?2017年おすすめおもちゃランキング

○失敗しないキッズスノーブーツの選び方!滑らない・冷えないものがオススメ

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました