ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

HSPの自己診断をやってみた。繊細すぎて生きづらい人はコレの可能性大

HSP(ハイリ―センシティブパーソン)を知っていますか?

簡単に説明すると、繊細・敏感・人の顔色が気になる・眩しい光や大きな音が苦手。

そんな性質を持った人のことです。

 

「でも、繊細だったり人の顔色が気になるって性質は、大なり小なり大部分の人が持っているんじゃないかなぁ」と思います。

例にもれずわたしも。

実際に5人に1人がHSPの可能性があるとのこと。

 

そこで自分がHSPなのか?自己診断をやってみました。

HSP診断テスト

以下「敏感にもほどがある」より引用。 

次の質問に、感じたままで、はい・いいえのどちらかをお選びください。

①自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ

②他人の感情や体調に左右される

➂体の不調(痛みや不快感)にとても敏感である

④人に会ったあと、疲れてひとりになりたいと思う

⑤カフェインに敏感に反応する

⑥服の肌触りや着心地が気になる

⑦いつのまにか空想にふけってしまう癖がある

⑧他人の会話に無意識に注意が向いてしまう

⑨宗教的なものスピリチュアルなものに関心がある

⑩芸術や音楽などクリエイティブなことが好きだ

⑪ウソをつくとひどく良心がとがめる

⑫ちょっとしたことでも、びっくりしやすい

⑬いろんな事を同時にするのが苦手であり、混乱してしまう

⑭言葉にならない他人の気持ちによく気がつく

⑮物を忘れたり、ミスをしないように気をつける

⑯何かに気を取られてミスすることが多い

⑰ことばのニュアンスが気になってしまう

⑱刺激が多いとイライラすることがある

⑲空腹になると、集中出来ないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

⑳引っ越し、模様替えなど生活の大きな変化が負担である

㉑グループにいると自分らしくいられない

㉒人目がとても気になる

㉓競争させられることがきらいだ

㉔理由もなく気分が良かったり、悪かったりする

㉕子どものころ、周囲の大人や子どもから、内向的であったり、内気と思われていた

 

以上の質問のうち、12個以上あてはまれば「敏感気質」の可能性があります。「はい」が少なくても、その度合いがとても強いものであれば、同じく「敏感気質」かもしれません。

結果、19個に当てはまった

ほとんどに当てはまりました。

こうやって診断テストの項目をみるとHSPの人は、外的な要因に極端に反応する印象ですね。

 

でも、診断テストで「HSPの可能性大」だと分かっても驚きは全くありません。

「やっぱりね……」といった感想です。そう考えるとほとんどのHSPの人は自覚があるのではと思います。

知ることで強みに変えられる

こうやって自分の特性を知ることで、それを強みに変えられることを忘れてはいけません。

自分がHSPだと知らなかったら、「打たれ弱くて、コミュニケーションも苦手。どうやって生きていこう」と悲観してしまうかもしれません。

自分が繊細で人づき合いが苦手なのは、そういう気質だからなんだ。と分かれば、それをカバーしたり、強みに変えられるような生き方に方向転換出来ます。

 

HSPの長所は・真面目・クリエイティブ・共感しやすい。

会社勤めは向いていないけど、フリーランスなら力を発揮できるかもしれません。

そんなわたしも、会社勤めは向いていないと早々に諦めブログをやったり、クラウドソーシングをやったりとフリーランスとして生活しています。

 

こういう風に一人でも多くの人が、自分の性質を理解してそれに合った仕事や生活が出来ればもっと楽しい世の中になるのになぁ、と感じました。

仕事や人間関係で命まで奪われては本末転倒ですからね。

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○「人生でやりたいこと100のリスト」を作ったら自分がどう生きたいかが見えてきた

○お正月に買った福袋。『おかえり園田くん』という最高の癒しグッズに出会ってしまった

○1年間で100万貯金は無理でも50万なら実現出来る。コツを掴めばあとはどんどん貯まる

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○失敗しないキッズスノーブーツの選び方!滑らない・冷えないものがオススメ

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました