ままこそblog

タダの生活雑記です。

ランドセル購入で大きな失敗。もっとこだわれば良かったと感じた2つのポイント

f:id:mamakoso:20171217100218j:plain

「ランドセルってこんなに重かったっけ?」

教科書を入れた娘のランドセルを持ってみて、毎回こう思います。

娘も靴を履こうと、前かがみになった時にフラフラして「重い~!」なんて言ってます。

そんな姿を見ると、(自分の時はもっと軽かった気がしたけど……)と思ったりも。でも、現在の方がはるかに軽量設計なのでそんなはずもなく。

 

で、一体何kgあるのか?

測ってみたところ、3kgでした。

 

教科書6冊、連絡袋、筆箱を入れた重さです。

軽いとみるか?重いとみるか? 捉え方は人それぞれですが、わたしは重いと思います。高学年ならまだしも、低学年の子には大変じゃないかな~と。

失敗1つめ:重く感じるランドセルを買ってしまった

教科書を入れれば、軽さがウリのランドセルでも3kgくらいになります。

そこで、大切なのが重さを感じさせないものを選ぶということ。

 

肩ベルトがフィットすれば、重さはずいぶんとマシになるようです。

うちの場合は、デパートで安く売られていたランドセルをポンッと買ってしまって、肩ベルトがフィットするかどうかなんて全く考えてなかったんです。

それがここにきて、「ランドセル重すぎないか……?」と、心配しているんですからどうしようもないですね。(自分が)

 

同じ保育園の友達は、ランドセル専門店に行って肩ベルトがフィットするかどうか?きちんと見てもらって購入したそうです。

「10万くらいかかった」と言ってましたが、6年間背負うことを考えると高い買い物ではないと思います。

ホント、想像以上に教科書を入れたランドセルは重いので……。

失敗2つめ:デザインが幼いものを買ってしまった

ランドセルの色はピンク、更にハートのキラキラした宝石っぽいものがついているものを買いました。

低学年のうちは良いのですが、高学年になってからどうなのかな~と。本人が気にしないなら全く問題ないんですけどね!

同じ小学校の子を見ると、案外シンプルなものが多いので「シンプルなものでも良かったかな」と少なからず思ったのも事実。

色は、定番の赤からラベンダーとか様々なんですけどね……。

 

一緒に選びに行った時は保育園の頃なので、好みはかなりの確率で変わります。ですから、あまりに幼いデザインやカラーのものを選ぶようだったら、親がある程度誘導しても良いと思います。

他にも気をつけたほうが良い点

・大きさ(A4ファイルが入るもの)…小学生は、案外大きいものを持って帰ってきます。連絡袋ひとつにしても大きいし、長期休みの返却物も大きいです。それが入るサイズのものを購入すると子どもがラクですよ。

・購入時期……「今が安い!」という売り文句につられて慌てて買いがちですが、GWごろからなんだかんだで常に安くなっています。(わたしの住んでいる地域では)

いつ買っても値段に変わりはあまりないと思いますので、慌てずじっくり選んだ方が良いと思います。

まとめ

結論は「慌てずじっくりと考慮して買おう」です。

教科書を入れたランドセルの重さ、高学年になっても使ってくれるデザインか、先々のことまで考えて買うときっと後悔しないと思います。

一度きりの買い物だから、納得出来るものを買いたいですね。

 

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○小学校入学前に練習しておきたいこと。トイレとか通学路チェックとか

○求めるものは何ですか?ママ友を作りたい気持ちの根本

○小学校の通知表渡しに行ってきました。先生の話や待ち時間が1学期と違ってびっくり

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○失敗しないキッズスノーブーツの選び方!滑らない・冷えないものがオススメ

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました