ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

続・あたしおかあさんだから騒動に思うこと

f:id:mamakoso:20180207092904p:plain

『あたしおかあさんだから』がメラメラと燃えています。

おかあさんだから、早起きしてお洒落もしないで好きなものも食べない。そんな「~だから〇〇」って思いこみというか押しつけって社会にはいっぱいあるなぁと。

今回は歌詞という目に見える形でドンッと提示されたので見事に燃え上がりましたが、誰だって生きてればこの押しつけに遭遇する機会はごまんとあると思います。

 

例えば、これ↓子育て中に出会った「~だから〇〇」なんですが

〇一人っ子だから楽でしょ?

〇女の子だからおとなしいでしょ?

〇人見知りしてるから色んなとこ連れてってあげてないでしょ?

〇野菜きらいでしょ?、注射きらいでしょ?(←これは娘が親戚のおばさんに言われたこと)

特に一人っ子だから〇〇は良く言われますね(笑)

楽でしょ?と直接な言葉ではないですけど、それに似た感じで。その後に続く言葉は「うちは3人もいるから家の中が騒がしくって」です。

大抵の場合は「またか」という感じでスルーしていますが。

 

付け足しておくと、今回の「おかあさんだから」もそうですが、決して悪意から出た言葉ではないということは忘れちゃダメなところだと思います。

話のとっかかりとして、そういう言葉を出すだけであって、傷つけようと思って決めつけているわけではない。

それに、わたしも知らず知らずのうちに言ってるかもしれないし。

ただ、歌だから怖い

のぶみさんは単純におかあさんの応援歌であり、子ども向けの歌として作ったのでしょうが、この子ども向けという点が怖い。

定番のみんなのうたにでもなったらもっと怖い。

だって、子どもに「おかあさんって我慢しなきゃならないんだ」って擦りこむわけですよ。

男の子にも女の子にも「おかあさんになったら我慢しなきゃいけない」って、間違った認識を植え付けるわけです。

その子たちが大人になったら、無意識に埋め込まれた意識がひょっこり芽を出し、そんな認識で子育てしてしまうかもしれない。

この歌が歌い継がれるような人気曲になったら、少なからず影響があるのは間違いないと思います。

育児は決めつけが多いからこそ 

未だに「おかあさんらしく、おとうさんらしく」が求められる社会で、親になっても個が尊重され、家族で協力しあって育児が出来ると良いのにな。

Twitterでは「おかあさんだから」ではなく、「#おかあさんだけど、フェス行っちゃう。おかあさんだけど(おとうさんだけど)、それ以前に1人の人間」など『#おかあさんだけど』がじわじわと盛り上がっている様子。

感動させよう共感させようと作られたものより、こっちのほうがよっぽど共感出来るっていう皮肉ですね。

 

おしまい!

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○「あたしおかあさんだから」は、なぜ炎上したのか?

○マスクをつけてくれない悩みも一気に吹っ飛ぶ。喜んでつけてくれるオススメ子供用マスク5選

○体罰は教える側の「能力不足」の結果引き起こされるものである

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○失敗しないキッズスノーブーツの選び方!滑らない・冷えないものがオススメ

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました