ままこそblog

タダの生活雑記です。

三歳児神話はどうやって作られたか?

f:id:mamakoso:20180209093705j:plain

子育てしている人なら聞いたことがありますよね、三歳児神話。

世間一般でまことしやかにささやかれているこの噂。

三歳児神話は全く根拠がないという記事をたまたま目にしたので、今回は本当に根拠はないのか?根拠がないならどうやって三歳児神話は作られたのか?を探っていこうと思います。

 

そもそも三歳児神話とは

三歳児神話(さんさいじしんわ)とは、子供が3歳になるまでは母親が子育てに専念すべきであり、そうしないと成長に悪影響を及ぼすという考え方 

引用:Wikipedia(三歳児神話)

 

「三歳までは子どもを手元で育てよ」という提言ですね。

三歳までが今後の成長に影響を及ぼす最も大事な時期であり、母を求める気持ちが強いので、手元で育てないと子どもが寂しい思いをし、それが成長に悪影響を与えるのではないかという意味合いを含んでいます。

『特定のものと愛着を深めて、人間に対する基本的信頼を獲得するのが望ましい』といったところでしょうか。

 

三歳児神話は誰が言いだしたのか

三歳児神話の出所を探っていくと、第二次世界大戦後に行きつきます。

イギリスの精神分析家ボウルビイが戦争孤児を調査した結果、生みだした『アタッチメント理論』がもととなり、それが姿を変え三歳児神話になったわけです。

「子どもが社会的にも精神的にも正常に発達するためには、少なくとも1人の養育者との親密な絆(アタッチメント)を維持しなければならない。それが欠如すると、子どもは社会的、心理的な問題を抱えるようになる」

引用:SODATTE(子育て心理学で「3歳児神話」を検証!どこを守り、どこを捨てるか?)

 

戦争孤児と現代の子どもでは状況が全く違うし、それに「少なくとも1人の養育者が」ってことは、それが母親でなく父親でも保育士さんでも良いわけです。

三歳児神話は『母親が』ってところが強調されてるから、ややこしくなるんだと思います。

 

厚生労働省は明確な根拠がないと発表

平成10年のものですが、厚生労働省から「合理的な根拠はない」と発表されています。

○ 母親が子育てに重圧やストレスを感じながら子どもに接することは、子どもの心身の健全発達に好ましくないことはいうまでもなく、児童虐待という事態に至ることもある。母親と子どもが過度に密着することの弊害も色々と指摘されるようになってきている。
 母親の育児不安を解消するには、できる限り多くの人が子育てにかかわる中で、母親自身も過度の子どもとの密着関係を見直すことが必要。
○ これらのことを踏まえれば、三歳児神話(子どもは三歳までは、常時家庭において母親の手で育てないと、子どものその後の成長に悪影響を及ぼす)には、少なくとも合理的な根拠は認められない。

引用:平成10年版厚生白書の概要
 

肯定派の意見

その一方で、三歳児神話を肯定する人もいます。

肯定派の筆頭としては、林道義氏(経済学者・心理学研究者)が挙げられます。

林氏は「幼少期における母親の存在の大きさは確かなもので、三歳児神話を明確に否定出来るほどの本や論文を探し当てられなかった」との旨を述べていたようです。

 

いずれにしても、現代に三歳児神話は合わない

母親だけが子育てするって時代でもないし、明確に否定も肯定もされないなら、家族のライフスタイルに合わせて育てていくほうがよほど良いと思います。

色んな事情ありますよね。

 

三歳までが子育てじゃないし、この先もずっと子育ては続いていきます。

三歳児神話だけじゃなく母乳神話(信仰)など、いくつものホントかウソかも分からない情報に振り回されて疲弊するくらいなら、自分や家族の事情・希望と子どもの個性に合わせて育てていくほうが、お母さんも子どもずっとラクに生活出来るんです。

 

気負いすぎることはないです。

母親や父親が夜寝る前に絵本を読んだり抱きしめたり、子どもと真剣に向き合う時間を意識するだけで、子どもの心は満たされるはずなんですから。

 

おしまい!

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○授乳中のイライラ!この不快な気持ちの正体ってなんなの?

○「おやすみまえの365話」はやっぱり買いだと思う

○止まらない咳。少しでも軽くするために普段やっていること

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○失敗しないキッズスノーブーツの選び方!滑らない・冷えないものがオススメ

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました