ままこそblog

子育て・雑記ネタを中心に発信中(ときどき書評)

卵アレルギーだけど、インフルエンザの予防接種しても良いの?という疑問

f:id:mamakoso:20180211083957p:plain

結論から言うと、医師に相談しGOサインが出れば大丈夫です。

実は、米国では卵アレルギーの既往があっても、インフルエンザワクチンを接種してもよいとの方向性が提示されました。

引用:テピカジェル(インフルエンザと卵アレルギー)

「卵アレルギーだとインフルエンザの予防接種は控えたほうが良い」とされていた時代もあったようですが、現在は違うようです。

と、分かっていても不安だから、毎年予防接種は避けていた結果

うちの6歳娘も卵アレルギーがあり、小さい頃は卵を食べると口の周りが真っ赤にただれていました。

現在は、そんなことはありませんが、それでも食べると汗疱(手や足裏の湿疹)が酷くなっているような気がしていたので、親の判断としてインフルエンザの予防接種は避けていました。

わたし自身は2年連続で予防接種を受けているのですが、卵アレルギーでもないのに針を刺した部分がひどく赤く腫れて痒くてしかたない状態になるので、娘だったらどうなるだろうと不安に思っていたこともありまして。

 

が、つい最近、娘がかかったインフルエンザA型。

予防接種への根本的な考えを変えるきっかけとなりました。

熱はそれほど出ず長引くことはなかったのですが、何といっても咳がひどい!しかもなかなか治まらない!

かれこれ1ヶ月近くは咳をしていました。

 

娘は明確に喘息と言われたことはないのですが、気管支が弱いようでちょっとした風邪でも咳が酷くなります。(咳のピーク状態の時に診察しても、明確に喘息との診断はされない。でも毎回「喘息の気ある?」と聞かれる。)

聞いているこっちが息苦しくなるような咳の仕方。

治まらない咳を前にすると、「やっぱりインフルの予防接種受けさせた方が良かったかも」と思わずにはいられませんでした。

 

子どもやお年寄り、喘息(気管支が弱いも含む?)の人には重篤化を防ぐために予防接種が推奨されています。

まさに気管支が弱く、咳が酷くなりがちな娘こそ受けさせるべきだったのでは?と考えこんでしまいました。

来年は受けよう

心配だったら医師に相談すれば良い。

今年の冬は予防接種を受けさせて、少しでもインフルが軽くなるように努めようと思っています。

それくらい咳が酷かった……。

インフルエンザ後の咳は病院で出される薬を飲んでも全く治まらないし、とにかく事前に防ぐことしかないんだなぁと考えさせられました。

 

アレルギーのある子は、早めに信用できる小児科医を探しだすことが大切ですね。

うちは未だに「この人!」と思えるお医者さんに会っていないことも、インフルの予防接種を避け続けた一つの要因になっているので……。

症状を長引かせないためにも、予防と医者探しの重要性が身に染みた冬でした。

 

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○繰り返す耳下腺炎。おたふく風邪と似ているので注意

○「クループ」の怖さにゾッとした話。オットセイのような咳をしていたら要注意

○子供の場面緘黙症を見逃さないために覚えておきたい事。

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○失敗しないキッズスノーブーツの選び方!滑らない・冷えないものがオススメ

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました