個人的に注目している今年発売された(される)絵本6冊

娘は絵本離れしたのに、わたしのほうはちっとも絵本離れ出来てません。娘が生まれる前は見向きもしなかった絵本。

いざ、生まれて一緒に読みだすともう……ハマっちゃいましたね。

田舎の本屋で出会う限られた絵本だけじゃ物足りない。ということで、今年発売された、あるいは予定の絵本を定期的にチェック。

今回は、その中でも「これ面白そうだな」と感じたものを書き留めておこうと思います。

①ラーメンこうばん

こういう食べ物が主役の絵本ってわけもなく惹かれます。

今まで発売された、食べ物が主役系の絵本といえば「うどんのうーやん」が思い浮かびます。あれは斬新でした……。

②26階だてのツリーハウス

こちらはシリーズもの。

2016年には「13階だてのツリーハウス」が発売されました。子どもの夢が詰まったお話。

③あっぱれ!ぱくっ

次号から休刊になる読み聞かせ雑誌「おひさま」。

ぱくちゃんもその中で長年に渡って連載されていたお話です。食いしん坊のぱくちゃんは何の生物なんだろうと気になります。

④かぞえてみよう

ミッフィーでお馴染のブルーナさんの新作。

ミッフィーは登場しないのに、ミッフィー感がすごい出てる。

⑤ ポンチ

ポンチという言葉の威力がすごい。

どう見てもフルーツポンチになる面々。「ポンチ、ポンチ」と言葉を繰り返す様はシュールでもあり、違うフルーツ同士が一緒の世界で暮らしていくことの素晴らしさを感じます。

⑥おばあちゃんとおんなじ

3月発売です。

小さい頃のおばあちゃんとの思い出って、結構かけがえのないものなんでこの絵本は「孫と祖母の関係をどう描いてるのかな」って気になるので注目。

ざっとこんな感じ

今、気になってるのはこの6冊ですね。

娘も絵本に興味はなくなったといっても、わたしが読んでる姿を見れば一緒に読むので「あーだこーだ」2人で言いながら、絵本タイムにしようかと思ってます。 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○「おやすみまえの365話」はやっぱり買いだと思う

○ヨシタケシンスケの絵本は「楽しむ」を教える教科書だ【もうぬげない、このあとどうしちゃおう】

○【絵本・児童書】ププッと解決!おしりたんてい大人気の秘密

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○今までの人生の中でこれ最高に面白いなって感じた少女漫画ベスト15

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました