「クレヨンしんちゃんの真似をして子どもがお尻を出すのですが、どうしたら良いでしょうか?」

先日、ラジオに耳を傾けながら仕事をしていると、パーソナリティーの方がこんな興味深い相談を読み上げました。

「娘がクレヨンしんちゃんの真似をしてお尻を出すのですが、どうすれば良いでしょうか?この前はつい真剣に怒ってしまいました」

 

この質問にパーソナリィーを勤めているタレントの男性はこう答えました。

「いや~、子どもって笑わせようとしてやってるんだと思うんですね。だからお尻を出したら無表情になる。無表情を貫く」

勿論、この男性は教育の専門家ではないのですが、思わず「なるほど~」と感心してしまいました。

 

子どもは笑わせようと思ってやっている

子どもって変にサービス精神が旺盛。

本人にとっては『しんちゃんがお尻を出す=面白くてたまらない』ことなんですね。だから自分もお尻を出せば、みんなが笑ってくれると思ってやります。

大人にしたら「もう!そんな下品なマネして!」と、つい怒りたくなるんですが、子どもの意図としては下品なことをしたいではなく、喜ばせたいという思いが根底にあるんだと思います。 

クラスに一人はいたお調子者の男の子もきっとそうです。クラスのみんなが笑って場が和むのを知っているから、バカなことばっかりやる。

健気と言うべきか、何と言うべきか……。

 

このラジオのパーソナリティーの方は、この心理を知っているから「じゃあ、子どもがお尻を出したら無表情になってください。そうすればやめるでしょ」との主旨のアドバイスを送ったわけです。

 

注意ではなく、反応しないが最善か

この場合に限っては、わたしも無表情を貫く(反応しない)が最善だと思います。

子育てにおいては注意するべきことも大切な場面は多々あれど、今回のように誰にも迷惑をかけていない(家族内のみで行われていること)に関しては、いますぐどうこうというわけではありません。

「ふーん」って感じでアクションに対して極力反応せず、「あなたのやってることは、大して面白くない」とサインを送り続ければそのうち止めると思います。

 

そうじゃなくても、子どもはブームが過ぎるのが早いですからね。

ひょっとしたらどんな反応をしようとも数か月で止める可能性も。

 

ちなみにこんな対応も提案されていました

他にリスナーからはこんな提案も。

①「おしりかじりむしにお尻食べられるよ」と言う。

②特に何かしなくても、好きな男の子でも出来れば止めると思う。

 

クレヨンしんちゃんの真似をするって結構あるあるで、しんちゃんを見せているお家なら誰もが通る道だと思います。

でも、そんな時は頭ごなしに叱らないで「あぁ、またバカなことやってるなぁ」と、生温かい目で見守るのも一つの方法だなと思いました。

こっそりスマホに撮っておいて、後で見返せば良い思い出になるんじゃないでしょうか。(子どもに見つからないように)

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○モンスターペアレントになりかけた話。

○三歳児神話はどうやって作られたか?

○求めるものは何ですか?ママ友を作りたい気持ちの根本

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○今までの人生の中でこれ最高に面白いなって感じた少女漫画ベスト15

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました