ソフトバンクショップに行ってきた。待つのが嫌な人は予約がマスト

f:id:mamakoso:20180301092402p:plain

先日、みまもりケータイ4の契約をするためソフトバンクショップに行ってきた。家とソフトバンクショップは車で10分くらいなので比較的近い。だが、あの携帯屋さんの雰囲気が苦手なのと、駐車場が止めにくいのでかれこれ5年は足が遠ざかっていた。

それでも子どもの行動範囲が広がってきて、みまもりケータイがどうしても必要になったので重い足を引きずりいざソフトバンクショップへ。

 

平日の午前中なのにお客さんが結構いた

入ってびっくりしたのは、水曜日の午前中なのにお客さんが結構いたこと。わたしが住んでいる場所は田舎なので、平日のしかも午前中となればお店はガラガラなのが普通。「ソフトバンクって需要あるんだなぁ」というのがその光景を見た素直な感想。

 

(たぶん土日だったら車を停めるところに困りそうだ。やっぱり行動するなら平日に限る)

 

入ると番号札を取る仕組みになっているのだが、取ったそうそう若い男性社員が「先にご用件をお聞きします」と要件のみを聞きに来た。

「みまもりケータイを購入したいんですが」と伝えると、「あー今在庫切らしててないんですよねぇ」ときたもんだ。

在庫がない……とはこれいかに。ソフトバンクショップなのにない……。

 

まぁ、ないものは仕方がない。ということで「分かりました」と返事をしたのだが、ここからがまた長かった。お客さん一人一人に時間がかかっている。大体一人につき20~30分ほど時間を使っている。特にお年寄りだと分からないことも多いらしく伸びに伸びている。

(これはなかなか時間がかかりそうだぞ……)と午前中が潰れることを覚悟。まるで初診で行った病院で自分の番を待つ気分だ。

「何か飲み物でも飲もうか」周りを見回すと自販機がない。なんということだ、飲み物が買えないじゃないか。何か飲みたい人は水筒を持参と言うことか。

フリードリンクを置いてくれなんて贅沢は言わないから、せめて自販機は置いてほしい。(もちろん全てのソフトバンクショップがそうではない。カフェスタイルになっているところもあるとか。なんとも羨ましい)

 

もやもやしていると、やっと一人の男性客が椅子から立ち上がった。「やっと順番が回ってきた」そう思ったのも束の間。なんとその男性客について、接客していた店員が自動ドアまでお見送りしだしたじゃないか。そこでまた立ち話。

過剰なサービスゆえ効率が悪くなっているのは気のせいだろうか。

それならせめて自販機は置いてほしい。(しつこい)

 

その後でやっと順番が来た。結局午前中は潰れてしまった。みまもりケータイが届いたらまた取りに行かなければならない。ソフトバンクショップに行くのは大変だ。そんな思いが私の脳裏に再び植え付けられた。

 

こんな思いをしたくない人は予約しよう

ソフトバンクショップには『かんたん来店予約』という優れたシステムがある。わたしのように一人でモヤモヤしたくない人は、是非とも予約してから来店しよう。

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○Fire TV Stickが我が家に届いた。非プライム会員でも十分に使えることが判明

○ヨーグルトを年中食べている私が選んだ市販の美味しいヨーグルトランキング5

○1年間で100万貯金は無理でも50万なら実現出来る。コツを掴めばあとはどんどん貯まる

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○今までの人生の中でこれ最高に面白いなって感じた少女漫画ベスト15

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました