ままこそblog

タダの生活雑記です。

計画している春休みの過ごし方

f:id:mamakoso:20180320112841j:plain

あと、数日で春休みがやってくる。娘は一人っ子なうえまだ7歳になったばかりなので長期休みではわたしが半日以上、ヘタしたほぼ1日中かまってやらなければならない。「また仕事が進まない日々がやってくるのかぁ」と憂鬱な気分を抱かないわけではないが、春は冬と違って色んなことが出来るからまだ良い。

長期休みでは計画を事前に立てておかなければならない。ぶっつけ本番型にすると結局「昼にかけてイオンに行ってきました」だけの毎日になりかねない。そこで現在わたしが練っている春休みの過ごし方について記しておこう。

 

1.公園遊び(ミニイベント付き)

春休みは基本的に公園遊びで時間を潰そうと思っている。

娘は「公園の毛虫が嫌だ」とかなんとかのたまっているのだが、いざ連れて行けば喜んで遊んでくれるので、あれやこれやと囁いて連れ出そうと画策している。ただ公園遊びは毎日だと飽きる。そこで、時々はお弁当を持っていったり自販機でアイスを買うというミニイベントを用意しようと考えている。

時々、違う行動をいれるだけでマンネリが防げるはずだ。

 

2.1年間の復習

春休みの宿題で1年間の復習は補えそうなものだが、宿題だけだとすぐに終わってしまうのでそれにプラスして勉強を一緒にしようと思っている。といっても、「本屋さんに売っているドリルをやらせよう」という程度なので、大した勉強ではない。

とはいえ、やらないよりはやっておいたほうがいい。

 

3.日帰り旅行

めちゃくちゃ近場に旅行に行こうと思っている。大体電車で1時間くらいの場所がちょうど良い。子どもと長時間電車は疲れるのでそれで十分だ。行ったことのない観光地や名物スポットをじっくりと堪能したい。おいしいものも食べたい。

わたしが住んでいる石川県からだと福井あたりが適度だ。恐竜博物館やただ恐竜がいるだけの駅に行くのも面白い。

 

4.料理をする 

これは鉄板。ただうちの娘は道楽者な面があって、ちょっと面倒な料理だと「ママやって~」と手を抜きかねない。そこで、子どもも楽しんで出来る料理を考えてやらねばならない。現在候補に挙がっている料理は三つ。第一候補『餃子』・第二候補『うどん』・第三候補『クッキー』

餃子は今までに何度か作ったことがあるのだが、娘が餃子好きなこともあってかなり張り切って最初から最後まで参加してくれることが判明した。普通のひき肉と野菜といった具材だけじゃなく、チョコバナナやツナチーズを仲間入りさせるとより気分が上がる。

後はうどん。うどんは踏んだりこねたりが面白いだろうと。クッキーは簡単だし、おやつにもなる。

 

春休みは2週間程度なので短いといえば短い。でも、子どもがいる1日はとてもパワーを使う。出不精のわたしにはキツイ。といっても充実した春休みを過ごしてほしい思いもあるし、あと2~3年したら一緒に行動してくれるのかも分からない。

「あと数年……」も小学校に上がった途端、より現実化してくる。

一緒に楽しむために早々とパワー切れを起こさないためにも、わたしには「春休みの過ごし方は計画的に」精神が不可欠なのである。

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○「叱らない子育ては悪なのか?」SHIHO批判から見る親の対応力

○子ども服のおすすめしない買い方。

○チャレンジ1年生を子供にやらせてみた結果こうなった。親は退会手続きが大変かも

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○今までの人生の中でこれ最高に面白いなって感じた少女漫画ベスト15

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました