ままこそblog

子育て・生活ネタを中心に発信中

キックボードで盛大に転んだ

「バランス感覚が鍛えられる」と小耳に挟んだので、娘にキックボードを買うことになった。

7歳になったのでそれほど危険もないだろうとの判断の元、最初は大人がついている時だけ乗ることを条件にした。娘は喜んだ。購入する日は朝8時から「ねっ!買いにいこっ」と目をキラキラさせた。

それから僅か7時間後、膝を血だらけにした娘がそこにいた。

 

最初はこわごわと乗っていた娘もコツを掴むと、ちょいスピードを出して漕ぎ始めた。これがマズかった。ちょっとした拍子にバランスを崩してズザッー。

血だらけの膝の出来上がりである。子どもは生傷が絶えないと言ってもこれは事前に防げるケガだったのでは?と反省。

 

そもそもキックボードで遊ぶのに半ズボンはまずかった。スケボーほど難しくないだろうし危険はないだろうと甘くみていた。ヘルメットはさせていたけど、最初はズボンに膝パッド着用がマストだったか。当の本人である娘は、「痛い~」と言っただけで「もう乗りたくない」とは言ってなかったのでそれほど懲りてない様子。

 

何かあるとすぐにネットで調べる性質なので、キックボードの危険性についてググった。知らなかった……消費者庁が注意を呼びかけていただなんて。骨折したり、ケガの報告が多いらしい。肘パッドや膝パッドも必須のようだ。

30年ほど前は肘パッドや膝パッドをするなんてことは滅多になかったけど、現代では子どもの安全を守るための常識だってことが頭から抜け落ちていた。自転車よりはスケボーよりは安全だろうとタカをくくっていたのだ。

 

盛大に転んでからは、娘とキックボードに乗る時の注意などをネットを参考にしながら話し合った。うちの娘は小さい頃から、防犯とか事故を防ぐためにはとか自己防衛のための話を聞くのが大好きな人間なのだ。

●キックボードに乗る時はヘルメット+肘パッド+長ズボン+膝パッドが必須
●自分だけでは乗らないこと
●平らな場所で遊ぶこと(デコボコ道とか面白がって行かない)

この3つを約束した。

 

これできっと怪我する可能性は僅かに低くなっただろう。子どもに新しい乗り物を与える時は、万全の準備&事前の話合い&注意が必須だと改めて感じた。

 

 

☆こちらの記事も読まれています☆

○みまもりケータイ4を購入。実際に使ってみた感想

○たまごっちmixを買いました!それぞれのタウンの行き方など攻略情報

○子供の秘密基地になる!人気のおすすめキッズテント8選

 

☆ままこそおすすめ記事☆

○家でも練習出来る!室内で遊べる鉄棒4選【折りたたみ式】

○今までの人生の中でこれ最高に面白いなって感じた少女漫画ベスト15

○金沢のおすすめお土産12選!石川県民がガチで選んでみました