『いじる』コミュニケーションの問題点

昨日「今日重大な事件があったんだよ……」と娘が帰るなり深刻な顔で言ってきた。「ん、なになに?」と(何があったんだろう)とドキドキしながら聞いてみると、なんでも仲良しのAちゃんとBちゃんが下校中に喧嘩してしまったらしい。

 

そういうことね……と思いながら詳しく聞いてみた。

 

娘「Aちゃんがいつもの調子で軽い悪口をBちゃんに言ってたんだけど、今日はBちゃんそれにキレちゃって。そこからは言いあい」

(軽い悪口ってどんなだろう……と思いつつ)

私「その時、あなたはどうしてたの?」

娘「なんとか仲良くなれるように話しかけてみたり、距離を置いてみたり色々してみた」

 

またもや、なるほど。

『みんな仲良くが一番良い』と日頃から言っている娘らしい、平和主義者らしい行動。

 

今回、ケンカしちゃったAちゃんとBちゃん。

私はどちらも知っているんですが、Aちゃんは悪い子ではないんだけど遠慮なくズバズバものを言うタイプ。更に相手を『いじる』ふしアリ。

Bちゃんはおっとりタイプ。内に溜めこむほうでポンポン言い返すほうではない。

 

Aちゃんの『いじる』という行動ですが、傍から見ているといじることによってコミュニケーションを取ってるように見えるんですね。いじった後の会話が弾む感じを楽しむというか。

こういう困った人、大人になってもいます。

たぶんBちゃんはこの時、たまたまドカンと爆発してしまったわけじゃなくて、以前から「嫌だなぁ」という気持ちを持っていたんだと思う。

それが溜まりに溜まって爆発してしまっただけで、タイミングが悪かったとか機嫌が悪かったとかの問題ではないような気がしている。

 

娘には「そっかぁ、女の子が集まると色々あるからねぇ」と言っておいた。

「Aちゃんってそういう子だよね」との台詞が喉まで出かかったが飲み込んだ。大人のフィルターを通した先入観は持ってほしくない。

 

AちゃんとBちゃんは仲直り出来るのだろうか。

仮に元通りになっても、Aちゃんがコミュニケーションの取り方を改善しない限り同じことの繰り返しになるだろうなと思う。

いじることで最初の頃は笑顔で返してくれるかもしれない。でも、それは表面上の笑顔でほとんどの人間はそれを不快に思っていて、いつかはBちゃんのように爆発する。

大人だったらもっとドライ。知らぬ間に距離を置かれていたり。

いじっている人間は楽しいし満足だろうが、いじられてる人間は全然楽しくない。

 

Aちゃんは今後どのように成長していくのだろう。

どこかで軌道修正出来る機会があれば良いのだけど。

子どもだから・友達だから許される面もある。

それが許される環境にいられるのはいつまでだろうか。