ままこそblog

タダの生活雑記です。

新興住宅地のメリット・デメリット

現在、私は新興住宅地と呼ばれる場所に住んでるんですね。

もう18年くらい住んでます。(途中、2~3年は別の場所で暮らすこともありましたが)

f:id:mamakoso:20180525113828j:plain

私が学生の時、それまで住宅が建っていなかった土地の一画がバーっと売りだされて、同時期に数十件が家を建てました。

その当時は学生だったんで「うわーい、新しい家だ」と友達を呼んだり、能天気に過ごしていて新興住宅地がどうのこうの……ってことに気づいてなかったんです。

 

で、ですね。

大人になった今、その土地ならではのトラブルというか面倒だなぁということに巻き込まれてまして、改めてひしひしと『新興住宅地』のデメリットを感じているわけです。

 

子供をもつようになって気づいたデメリット

新興住宅地っていうのは結構、結びつきが強いです。

同時期に家を建てたんですから『ここのルール』とか『町内会』のこととか『子ども会』のこととか先にいた人が好きなように決めています。

住み始めた頃、上述したように学生だったんで町内のことは全て親がやっていました。だからここの人たちについて何も知らないまま、ただ時が過ぎて行った状態。

 

その状態のまま家を受け継ぎ、自身が子どもをもつようになりました。

その結果「あぁーーー面倒くせぇーーーー」の連続。

 

まず『町内会』や『子ども会』は強制です。

(みんなが)入っているから入らなくちゃいけません。PTAに似てますね。「入りません」なんて言おうものならめっちゃ家に突撃されて説き伏せられます。

新興住宅地は足並みが命なのです。

 

次になれ合いが激しい風潮。

子ども会なんか特にそうですが、ポンポン何人も産んで昔から入っている人がグループになっていてそれはもう仲良さそうにしています。それぞれの心の中は分かりませんが……。新人はキツイよ。

 

あと新興住宅地は若い夫婦が子どもを産むことを想定して、もしくは子どもが小さいうちに家を建てているので、子育てのピークが重なりやすくトラブルも多いです。

子どもが同級生なんてザラですもんね。学校のトラブルがご近所問題へダイレクトに繋がったり、その反対もあり。

 

騒音に関しても。

何十人の同じ年代の子ですから遊び声も半端なくうるさいです。ピーク時には「ここは公園かー!」と叫びたくなりました。

 

メリットについて考えてみた

デメリットばかり述べてきましたけど、メリットについて考えると……。

う~ん、コミュ力のあるタイプなら快適なのかなぁと思いました。「子どもが同級生だったら良いなぁ」とか「地域のつながりが欲しい」という人、ちょっとのトラブルに動じない人なら住めば都になるかも。

私はコミュ力なし人間なんで、新興住宅地はハードルが高いです。

 

おわりに

引っ越してきた当時、それまで町内のこと・学校のことに顔を出した事のない無関心な父がえらく町内会のことに熱心になっていたんですが、今ならその背景が痛いほど伝わってきます。

PTAより新興住宅地の「~会」はもっと強烈。

学校なら数年の我慢ですが、住んでいる間ずっとつきまとってくるものですからね。嫌ならお金貯めて引っ越すしかないか……。