ままこそblog

タダの生活雑記です。

300記事を達成して見えてきた光景

100記事書いたらアクセス数が上がるよ、いや200記事、いやいや300記事……。色んなサイトを巡回しているとこういった情報を目にします。

実際に1年で300記事書いた私が今思うことは、どれも正しくてどれも正しくない。

アクセス数の上がり方は、ブログそれぞれです。あのブログが100記事目でアクセス数が急に上がったからといって自分のブログも100記事目で。なんてそんな甘い話はありません。200記事目かもしれないし300記事目かもしれない。ひょっとすると500記事目かも。

そもそもアクセス数はグンとある日突然上がるものではありません。じわじわと上昇して気づいたら「前より上がっているなあ」と実感するものです。

 

このブログも「そういえば、前より読みに来てくれる人が増えているな」って感覚。

 

「100記事書いたのに。300記事書いたのに」と、節目節目でアクセス数の上昇を期待するとかなりしんどい。

 

ブログはアクセス数を気にし出したら終わり

みんな、自分のブログは大勢の人に読んでもらいたいですよね?

アクセス数が上がれば嬉しいですよね?

でも、数字を気にし過ぎるとマジで病みます。そして心が折れます。

300記事書いてココに気づいたことが一番の収穫かもしれません。私も最初は張り切ってたんですよ。「アクセス数上げるぞー!収益化するぞー!」って。

 

いや、無駄でした。とらわれ過ぎて文章が書けなくなります。

 

「この話題だったら読まれなさそうだな~」とか「これだったら反響ありそう」とか書く前から自分で勝手に自分の書きたいものを選別しちゃうんですよ。で、「反響ありそう」と思って書いたものが全然話題にもならなかったら、はてなスターがつかなかったら、心折れますよね。ブログやめよーってなります。

 

1年で7割の人がブログを止める

ブログの断続期間に関して、こちらのブログがすごく分かりやすくまとめてくれてます。

www.procrasist.com

結局、1年くらいで大半の人が止めちゃうんですよね。もったいない。

 

ブログを続ける原動力

300記事書いて分かったことなんですが、ブログを続ける原動力って「文章を書くのが好き」って単純なことなんだなと。アクセス数や収益は原動力にはなり得ないなと。

そりゃ、嬉しいですよ。ブログが沢山の人に読んでもらえたりお金が稼げたら、それで暮らしていけたら最高じゃないですか。

でもそれで「頑張ろう」って気持ちにはなっても、何年も続けられるかっていったら別の問題で。

ブログはまさに好きの延長線上に収益化があって、収益化ありきじゃないんです。お金をいっぱい稼ぐためにアフィサイトを作る手もありますが、最近では企業がアフィに手を伸ばしてきて競争が厳しくなってますしね。

小学館が運営するウォーターサーバーのサイトなんて、太刀打ちできません。

ウォーターサーバー・宅配水比較 - 人気のおすすめランキング【ポストセブンlab】

 

おわりに

300記事を書いて見えてきたものは、アクセス数の伸び……じゃなくてブログを続ける理由の根っこにあるものでした。

あと、断続がなによりの強みになるってこと。

400記事、500記事と積み重ねて行ったその先に何が待っているのか?今から楽しみです。